Windows
GitHub
OpenSSH
SourceTree
ssh-keygen

Windows版OpenSSHでGitHubに接続する方法を非エンジニア向けに最短で説明してみる

概要

最短で說明する為に、概要は省略する。

Chocolateyのインストール

管理者権限でコマンドプロンプトを開く

Windowsボタンを押して cmd と入力。
「コマンドプロンプト」という名前のアプリケーションが出てくるので、右クリックして「管理者として実行」を選択。

Chocolateryのインストールコマンドを実行

Chocolateryのインストールページを開く
https://chocolatey.org/install

"Install with cmd.exe" の横にあるコピーボタン(copy command text)をクリックする。

先ほど開いたコマンドプロンプトを右クリックして、コマンドを貼り付ける。

エンターキーを押して、コマンドを実行する。

インストールが終わると"C:\WINDOWS\system32>" の横でカーソルが点滅するので、
一旦コマンドプロンプトを閉じる。

OpenSSHのインストール

"管理者権限でコマンドプロンプトを開く" の手順で再度管理者権限のコマンドプロンプトを開く。

choco install openssh

インストールするか?と聞かれるのでYを押して進める。

鍵の生成

(管理者権限でない)コマンドプロンプトを開く。
以下のGitHubヘルプページにある手順で、ssh-keygenコマンドを利用して鍵を生成する。
Generating a new SSH key and adding it to the ssh-agent - GitHub Enterprise 2.13 Documentation

ssh-keygen -t rsa -b 4096 -C "your_email@example.com"
# メールアドレスは適宜変更

完了すると、ホームディレクトリ以下の.sshフォルダに秘密鍵(id_rsa)及び公開鍵(id_rsa.pub)が作成される。

GitHubへ鍵の登録

以下のコマンドを打つと、先ほど作成した鍵の公開鍵がクリップボードにコピーされる。

type %HOMEPATH%\.ssh\id_rsa.pub | clip

こちらをSSHキーの管理ページに登録する。名前は適当で構わない。
https://github.com/settings/keys

SourceTreeへの登録

SourceTreeで、[ツール]->[オプション]を選び設定画面を開く。
SSHクライアントを[PuTTY/Plink]から[OpenSSH]へ変更する。
[SSHキー]として、先ほど作成した秘密鍵(id_rsa)のパスが選ばれていることを確認する。
違う場合は手動で選択する。

完了!

これで、SourceTreeからSSHでクローン/プッシュができるようになったはずです。