Help us understand the problem. What is going on with this article?

UnityでVIVE cosmosを扱う【SteamVR Plugin導入】

ここではUnity上でVIVE Cosmosを利用する方法と手順をまとめる

VIVE Cosmosは旧世代の機種であるVIVE Proと少々違いがあります

- ベースステーションが不要
- コントローラの形状が異なる

そのためUnityで扱うにあたってVIVE Proのやり方そのままではエラーを起こすことがあります
またSteamVR Pluginのversionによって設定のやり方が異なる場合があるので注意しなければなりません
ここで紹介するSteamVR Inputはversion2.0以降でないと利用できません

機器概要

導入手順

あらかじめVIVE Cosmosを接続しておく

1. projectを新規作成する

3Dを選択
名前は任意でよい
image.png

2. SteamVR Pluginを導入する

Asset StoreよりSteamVR PluginをDL&Importする
ウィンドウが出てくるのでそのままImportする
image.png
また以下のようなウィンドウが出てくるのでAccept Allを押す
image.png
これでOK
image.png

3. キーコンフィグの設定【SteamVR Input】

Importを完了したらSampleシーンで動作確認を行う
Assets/SteamVR にある Simple Sample.unityというシーンファイルをopenする
実行をすると以下のようなウィンドウが出てくるのでYesを押す
(初回実行時はInputの設定がないため)

image.png

ControllerのキーコンフィグをするSteamVR Inputウィンドウが出てくる
(Windows -> SteamVR Inputより表示することも可能)
image.png

そのままSave and generateを押す
Assets/SteamVR_Inputが生成される
設定は以上です

Sampleが実行できるようになったはずなので実行して確認する

またAssets/SteamVR/InteractionSystem/SamplesにあるInteractions_Example.unityというシーンファイルをopenして実行すると様々な動作を試すことができる

これでCosmosでもSteamVR Pluginを利用することができました

参考記事

SteamVR Plugin
CameraRig
controller

VIVE proのコントローラでもInputを利用すれば扱えると思いますが確認はしていないです
version2.0以前の場合はScriptで設定する必要があります
VIVE proにおけるScriptでのキーコンフィグ設定に関する記事も載せておきます
- 【Vive】コントローラのボタン入力の取得【Unity】

もしVIVE Cosmosのキーコンフィグ設定に関する情報があれば教えていただけるとありがたいです

T170521
大学生.UnityでXRをやっています.VIVE Cosmos,HoloLens2とか触ってます.
https://xrmdlab.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした