JavaScript
processing.js
FirefoxOS
fxos
Fx0

Processing.jsを使ってみる (4)

More than 3 years have passed since last update.


はじめに

前回、Fx0(Firefox OS)でProcessing.jsが動作することが確認できたので、今回は公式ページのサンプルをいくつか動かしてできることを確認してみます。


サンプルを動かす

サンプルは以下3つの環境で動かします。


  • Processing実行環境

  • PC上のFirefoxブラウザ

  • Fx0上のアプリ


Recursion

静的な円の描画のサンプルです。3つの環境で同じように表示されました。

Recursion.png


clock

時計のサンプルです。長針が1秒毎に動きます。3つの環境で同じように動作しました。

clock.png


Flocking

複数の三角の図形が移動するサンプルです。

PC(Firefox)は滑らかに動きましたが、Fx0(Firefox OS)は動作が非常に遅くなりました。

flocking.png


まとめ

Processing.jsを使用することで、Processing実行環境と同じ動作をすることが確認できました。

ただし、他にもサンプルを実行してみた結果、Fx0の場合以下の問題が見られました。


  • マウスの動きに追従する動作が正しく動かない場合があった。

  • サンプルにより動作が非常に遅い現象がみられた。

Fx0の場合、静的なものは問題ありませんが、複雑な動きを伴うものは難しいかなという印象ですので、Processing.jsを使う場合はプログラムの作りを工夫する必要がありそうです。

Processing.jsを使ってみる

Processing.jsを使ってみる (2)

Processing.jsを使ってみる (3)