DDNS
synology

Synology製NASからMyDNS.JPのDDNSアドレスを更新する

Synology製NASには標準でDDNSアドレス更新機能が搭載されているが、MyDNS.JPはDDNSプロバイダ一覧に登録されていなかった。
MyDNS.JPのドメイン名を捨てるのは名残惜しかったので、追加登録してみる。

検証環境

  • Synology DS216j (DSM 6.1.4-15217 Update 5)

カスタムDDNSプロバイダーの追加

DSMにアクセスして"コントロールパネル"を開く。
open_controlpanel.jpg

"外部アクセス"を開く。
open_extaccess.jpg

"カスタマイズ"を押し、カスタムプロバイダーを追加して保存する。
custom_push.jpg

add_provider.jpg

# サービスプロバイダ
MyDNS.JP

# Query URL
http://www.mydns.jp/directip.html?MID=__USERNAME__&PWD=__PASSWORD__&IPV4ADDR=__MYIP__

"追加"を押す。
push_add.jpg

情報を入力して保存する。
input_record2.jpg

一覧に追加され、ステータスが正常であることを確認する。
check_status.jpg

以下、旧情報

SSH接続の許可

DSMにアクセスして"コントロールパネル"を開く。
open_controlpanel.jpg

"情報センター"を開く。
open_infocenter.jpg

左ツリーから"端末とSNMP"を開く。
open_console.jpg

"ターミナル"タブを開いて、"SSHサービスを有効化する。"にチェックを入れる。入れた後は適用しておくこと。
enable_sshd.jpg

TeraTermやRLoginなどのSSHターミナルソフトを用いて、NASにSSHアクセスを行う。

access_ssh.jpg

アクセスする際のユーザーは管理者グループのユーザーを用いること。

DDNSプロバイダの追加

MyDNS.JPでは更新用APIをいくつか提供しているので、それらの中からHTTP-DIRECTを利用して更新する。

$ sudo cp /etc.defaults/ddns_provider.conf /etc.defaults/ddns_provider.conf.original
$ sudo vi /etc.defaults/ddns_provider.conf
$ sudo synoservicectl --restart ddnsd
$ exit
/etc.defaults/ddns_provider.conf
# 下部に追記
[MyDNS.JP]
        modulepath=DynDNS
        queryurl=http://www.mydns.jp/directip.html?MID=__USERNAME__&PWD=__PASSWORD__&IPV4ADDR=__MYIP__

更新タスクの登録

DSMにアクセスして"コントロールパネル"を開く。
open_controlpanel.jpg

"外部アクセス"を開く。
open_extaccess.jpg

"追加"を押す。
push_add.jpg

情報を入力して保存する。
input_record.jpg

一覧に追加され、ステータスが正常であることを確認する。
check_status.jpg

これで登録が完了したので、アップデートを試して更新されることを確認する。
あんまり頻繁に更新するとアクセス制限を受ける可能性もあるので注意。

DSMをバージョンアップ(6.1.4-15217u5 → 6.1.5-15254)したところddns-provider設定がリセットされたので、アップデート後は毎度設定しないといけないのかもしれない。

参考

http://www.mydns.jp/?MENU=030
https://forum.synology.com/enu/viewtopic.php?t=70027
https://nw.myds.me/synology/setup-domain/