Thunderbirdのメッセージフィルタを移行する

More than 1 year has passed since last update.


前書き

Thunderbirdのメッセージフィルタの移行はMessage Filter Import/Export Enhancedを使うことが多いらしいが、Thunderbirdのアドオン管理機能からは検索されず、更新もしばらくされていないので使いたくない。


動作環境

移行元 Thunderbird 45.3.0 (Arch Linux 64bit)

移行先 Thunderbird 45.3.0 (Windows 10 64bit)

前のバージョンでも問題ないと思われる。


操作

そもそも、メッセージフィルタの設定ファイルがどこにあるのかわかれば、そのファイルを移行すれば問題ない。

ファイルはmsgFilterRules.datというもので、これを適宜コピーなどすればいい。

場所は

Linuxの場合

~/.thunderbird/[profile].default/[Mail or ImapMail]/[domain]/msgFilterRules.dat

Windowsの場合

$HOME\AppData\Roaming\Thunderbird\Profiles\[profile].default\[Mail or ImapMail]\[domain]\msgFilterRules.dat

Macだと

$HOME/Library/Thunderbird/Profiles/[profile].default/[Mail or ImapMail]/[domain]/msgFilterRules.dat

にある。

[Mail or ImapMail]はpopかImapかで代わる(と思う)。

移行先では

1. Thunderbirdの停止(終了)

2. 該当ディレクトリ/フォルダにコピー

3. Thunderbird起動


参考

Thunderbirdのフィルタの移行・バックアップの取り方 | ネット衆善奉行

Thunderbirdのメッセージフィルタ移行 - hiraiva.log

Thunderbird 24.2.0 のメッセージフィルターを移行する | M-Gate