LoginSignup
15

More than 5 years have passed since last update.

Visual Studio2017でBot Frameworkを試す

Last updated at Posted at 2017-04-20

先日発表されたVisual Studio2017を使ってBotの開発をしてみます。
これから何回かに分けていろいろと試してみたいと思います。

開発環境

Visual Studio 2017 Communityで開発を行います。以下よりダウンロードしインストールを行います。
ダウンロードサイト

SnapCrab_NoName_2017-3-11_12-11-17_No-00.png

Bot Framework Template

Bot FrameworkダウンロードサイトよりBotを開発するためのテンプレートをダウンロードします。

ダウンロードしたテンプレートをzipのまま以下の場所に置きます。
以下はVisual Studio 2017の場合

C:\Users[[ユーザ名]\Documents\Visual Studio 2017\Templates\ProjectTemplates\Visual C#

Bot Framework Emulator

次にBot Emulatorをダウンロードし、インストールします。
Emulatorはコンソール版もあります。(Mac版もあります)

Emulator起動直後の画面
SnapCrab_Bot_Framework_Emulator_2017-3-11_12-22-18_No-00.png

ここでは起動の確認だけ行っておきます。

Bot Frameworkプロジェクトの作成

まずはBotテンプレートのプロジェクトを作成します。

Visual Studioのメニューよりファイル>新規作成>プロジェクトを選択します。
2017-3-11_13-50-44_No-00.png

新しいプロジェクトウィンドウの右上の検索エリアにbotと入力し、検索します。
skitch.png

名前・場所・ソリューション名称デフォルトのままとしておきます。

Botアプリケーションの実行

さっそく起動してみます。
ビルドが成功するとブラウザが立ち上がります。

次にBot Emulatorを起動し、Botアプリケーションに接続します。
画面上部のEnter your endpoint URLのフィールドにブラウザに表示されているURL+/api/messages/を入力します。
ブラウザに表示されているURLが http://localhost:xxxx/ の場合、入力するURLは http://localhost:xxxx/api/messages となります。

画面下部のType your message...フィールドにメッセージを入力してみます。
以下のように応答が返ってくれば成功です。
Emulator_2017-3-11_14-25-11_No-00.png

次回はMicrosoft Translatorを利用して翻訳Botを作りたいと思います。

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
15