Posted at

XAMPPについて(メモ用)

More than 1 year has passed since last update.

※以下はMacでの設定方法になります。


XAMPP

Webアプリケーションの実行に必要なフリーソフトウェアをパッケージとしてまとめたもの。


それぞれのイニシャルについて:


  • X → クロスプラットフォーム対応(Windows,Linux,Mac)

  • A → Apache (Webサーバソフトウェア、アパッチと読む)

  • M → MySQL/MariaDB

  • P → PHP

  • P → Perl


Apacheの設定

/Application/XAMPP/xamppfiles/etc/httpd.conf

「http.conf」ファイル内の記述を変更して設定する。


  • ServerRoot → 設定ファイルやログファイルの起点となるディレクトリ(31行目)

  • Listen   → Apacheが通信するときの窓口(52行目)

  • LoadModule → Apacheに組み込むモジュールをここで設定する(66行目)

  • ServerAdmin → サーバー管理者のメールアドレスを設定する(194行目)

  • ServerName → サーバーの名前を設定する(205行目)

  • DocumentRoot → 公開コンテンツを設置するディレクトリ名を設定する場所htmlやphpファイルをここに置くことでブラウザで確認ができる。画像やスタイルシートもここに配置。

  • AllowOverride → 「.htaccess」ファイルの有効・無効を設定することにより、ApacheやPHPの設定をディレクトリごとに変更できる。

  • DirectoryIndex → 「index.php」が表示されるように設定するところ(269行目

一連の設定終了後にApacheを再起動して変更を反映させる。