Help us understand the problem. What is going on with this article?

Tilemapを使う人は2d-extrasを使ってみよう!

Unityでは、Unity 2017.2からTilemapが導入されました。このTilemapを使うことで、次の画像のようなマップチップを敷き詰めたマップがUnity標準機能だけで簡単に作れるようになりました。(画像はUnity公式の2d-techdemosのサンプルシーンより)

map例2.png

またIsometric Tileでは次のようなシームも作成することができます。(画像はUnity公式の2d-techdemosのサンプルシーンより)

map例1.png

Tilemap Editorの良いところは拡張性です。TileやBrushは拡張が可能で、自分のゲームに合わせたTilemap拡張ライブラリを作ることで、より円滑に2Dマップを作成することができます。

2d-extrasは、Unity公式のTilemap拡張ライブラリです。非常に広範囲のプロジェクトで活躍しそうなTileやBrushが提供されています。

この投稿では、2d-extrasで提供されているTile・Brushをいくつか紹介します!

2d-extrasの導入方法

Unity 2019.2以降であれば、Packages/package.jsonに、denpendencies中に次のように追加してください。

{
  "dependencies": {
    "com.unity.2d.tilemap.extras": "https://github.com/Unity-Technologies/2d-extras.git#v1.3.1",
    "com.unity.2d.sprite": "1.0.0",
    "com.unity.2d.tilemap": "1.0.0",
  },
  "lock": {
  }
}

末尾のv1.3.1は使いたい2d-extrasのバージョンを書いてください。

Unity 2019.1以前で使いたいのであれば、2d-extrasからリポジトリをクローンし、使いたいバージョンのタグに切り替え、ソースコードを使いたいプロジェクトにコピーしてください。

2d-extrasを試すなら2d-techdemo

もし気軽に2d-extrasを試したいのであれば、Unity公式の2d-techdemosがプロジェクトがおすすめです。GitHubからクローンしてきて、Unity 2019.2以降で開いてください。

2d-techdemosは、Tile用の画像アセットや2d-extrasを使ったTileアセット・Tile Paletteのサンプルを豊富に含んでいます。

ここから先は、2d-techdemosのプロジェクトを使い、2d-extrasを紹介します。

Tile編

ランダムに画像を表示するRandomTileとWeightedRandomTile

RandomTileは登録したSpriteをランダムに表示するTileです。

スクリーンショット 2019-12-01 20.49.15.png

上のように4種のSpriteを登録したRandomTileをTilemapに配置すると、次のgifのようにランダムに画像が切り替わります。

random0.gif
random1.gif

RandomTileは登録したSpriteが、同じ確率で表示されます。WeightedRandomTileは重み付けをして、ランダムに表示される確率を指定できるTileです。

スクリーンショット 2019-12-01 20.52.20.png

WeightedRandomTileは上のようにSpriteにくわえてその重みを指定します。重みの数値が大きいものほど、高い確率で表示されます。

アニメーションするAnimatedTile

AnimatedTileは登録した複数枚のSpriteにより、Spriteアニメーションを行うTileです。

スクリーンショット 2019-12-01 20.56.30.png

上のようにTileにはSpriteアニメーションをしたいSprite群を設定します。

animated.gif

AnimatedTileを使えば、Tilemapで上のようなアニメーションを作成することができます。

いい感じにダンジョンをつくれるTerrainTile

TerrainTileは簡単にいい感じのダンジョンを作れるTileです。

terrain0.gif

上のgifでは、新たにTileを設置すると、すでに設置済みのTileが表示するSpriteが切り替わります。これにより、次のようなダンジョンが非常に簡単に作成できます。

terrain1.gif

TerrainTileでは、15種のSpriteを登録します。隣接8マスのTileの有無により、Spriteの切り替え、および回転を行います。

スクリーンショット 2019-12-01 21.12.36.png

これと同じようなTileにPipelineTileがあります。PipelineTileは、上下左右4マスのTileの有無から、5種のSpriteを切り替えと回転をするTileです。

pipeline.gif

関連記事 : ダンジョンを作れる!TerrainTileを使ってみよう!

インスペクタからルールを設定するRuleTile

RuleTileはインスペクタからルールを指定し、表示するSpriteを切り替え・回転させるTileです。

RuleTileを使えば、AnimatedTileも、TerrainTile、RandomTile、そしてそれらを複合したTileも作ることができます。

スクリーンショット 2019-12-01 21.57.34.png

上の画像はシンプルなRuleTileのサンプルです。

  • そのTileの上下にTileが存在するときは一番上の画像が表示されます
  • そのTileの上にTileが存在し、下にTileが存在しないときは、真ん中の画像が表示されます
  • そのTileの下にTileが存在し、上にTileが存在しないときは、一番下の画像が表示されます

このようなルールをRuleTileアセットのインスペクターからGUIで設定することができます。ルールを変更するのに、コーディングは必要ありません。

RuleTileには、HexagonalTile用のHexagonalRuleTile、IsometricTile用のIsometricRuleTileが存在します。

スクリーンショット 2019-12-01 21.46.56.png

isometric_rule.gif

Brush編

Grid上の座標を表示するCoordinateBrush

CoordinateBrushは、SceneウィンドウにおいてブラシのあるGrid上座標をラベルで表示するBrushです。

次の画像のように、座標が表示されます。

スクリーンショット 2019-12-01 22.53.12.png

線を引けるLineBrush

次のgifのように簡単に線を引けるBrushです。

line.gif

登録したTileアセットをランダムに配置するRandomBrush

RandomBrushは登録したTileアセットをランダムに配置するBrushです。RandomTileと似ていますが、こちらはBrushです。

RandomBrushはPrefabBrushと同じ様に、アセットをつくるBrushです。RandomBrushのアセットに、登録したいTileAssetを登録します。

スクリーンショット 2019-12-01 23.25.42.png

このようにRandamに配置されるTileが変わります。

random_brush.gif

色を変えられるTintBrush

TintBrushは配置したTileの色を変えられるBrushです。

ただし色を変えられるは、TileFlags.LockColorが設定されていないTileのみです。

tint_brush.gif

登録したPrefabを配置できるPrefabBrush

次のgifのようにあらかじめ登録したPrefabをTileを置く様に生成・配置できるBrushです。

prefab.gif

Tileをおいているのではなく、Tilemap GameObjectの下にGameObjectが生成されているのに注目してください。

CoordinateBrushやLineBrushと違い、PrefabBrushはアセットをつくるBrushです。作成したPrefabBrushのアセットにPrefabを登録します。

スクリーンショット 2019-12-01 23.14.57.png

また、いくらでもPrefab Brushを作成することができます。

GameObjectもTileのように操作できるGameObjectBrush

次のgifのように、シーン上のGameObjectもTileの様にTilePaletteの操作であつかえるBrushです。

ただし、Hierarchyウィンドウで選択中のGameObjectの子GameObjectである必要があります。

gameobject_brush.gif

TileグループをまとめてスポイトできるGroupBrush

GroupBrushは、次のgifのように複数のまとまったTileグループをスポイトできるBrushです。

group_brush.gif

最大数やギャップを指定することもできます。

まとめ

2d-extrasの中のいくつかのTile・Brushを紹介しました。

こんなTile・Brushをつくりたい!というとき、2d-extrasのコードは参考になると思うので、是非みてください。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした