Help us understand the problem. What is going on with this article?

GitHubでテンプレートを作成する

More than 3 years have passed since last update.

GitHub上で使用する、Issues及びPull Requestsのテンプレートを登録することができる!
下記に作成方法を記載していきます!

Issuesテンプレートを作成する

リポジトリのルートディレクトリまたは.githubディレクトリ内にISSUE_TEMPLATE.mdという名前のファイルを作成する。(拡張子はつけなくてもよい)

作成したISSUE_TEMPLATE.mdにマークダウン形式でテンプレートとして仕様したい内容を記述する。

スクリーンショット 2017-02-11 14.37.34.png

書き終えたらコミット!

IssuesタブでNew issueを押下する

スクリーンショット 2017-02-11 14.41.58.png

先ほど記述したテンプレートが適応されていればOK!

Pull Requestsテンプレートを作成する

Issuesテンプレート作成時と同様の手順で作成できます!

リポジトリのルートディレクトリまたは.githubディレクトリ内にPULL_REQUEST_TEMPLATE.mdという名前のファイルを作成する。(拡張子はつけなくてもよい)

作成したPULL_REQUEST_TEMPLATE.mdにマークダウン形式でテンプレートとして使用したい内容を記述する。

スクリーンショット 2017-02-11 14.46.06.png
書き終えたらコミット!

pull requestを作成できる状態で、
CodeタブでCompare & pull requestを押下する

スクリーンショット 2017-02-11 14.58.32.png

先ほど記述したテンプレートが適応されていればOK!

おわりに

すごく簡単ですね笑
IssueやPull requestは人によって書き方がバラバラだったりするので、フォーマットが統一されていた方が見易いですよね!

フォーマットがしっかりしていれば、対応漏れなども回避できると思います!

ただ、このテンプレート機能はIssueで一つ、Pull requestで一つしか作成できないので、「バグ報告」の場合にはこのテンプレート、「タスク」の場合にはこのテンプレートレートを使いたい!などという運用方法はできません。

その点を補っている良い記事がQiitaにありましたので参考に貼らせていただきました。

参考

http://qiita.com/yoshimikeisui/items/3e1873e3bf1bbafe8733

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした