Help us understand the problem. What is going on with this article?

MACでフォルダ内の画像を一括でリサイズする方法

More than 5 years have passed since last update.

MACでフォルダ内(サブフォルダ含む)の画像を縮小したいなって時に
ちまちま、一個一個はめんどくさかったので、
「Automator」を使えないかな~
って思ってやってみたら便利だったので備忘録に。
(一応、画像以外のファイルが入っていても大丈夫・・・なはず)

「サービスの作り方」

  1. Automatorを起動して、「サービス」を選んで、新規作成
      (右クリック時に表示される「サービス」から実行できるようにするため)
      ・Automatorは、アプリケーション一覧フォルダ内にある・・・はず^^;

  2. 入力設定は「ファイルまたはフォルダ」にして、検索対象を「Finder」にする

  3. アクション>ライブラリ>ファイルとフォルダ>「Get Folder Contents」を選択
      ・サブフォルダから取得のチェックも入れる

  4. アクション>ライブラリ>ファイルとフォルダ>「Filter Finder Items」を選択
      ・条件:「種類」が「イメージ」「である」

  5. アクション>ライブラリ>ファイルとフォルダ>「Duplicate Finder Items」を選択

  6. アクション>ライブラリ>写真>「Scale Images」を選択
      ・コピーアクションは「追加しない」を選択
      ・比率指定:50

  7. アクション>ライブラリ>ファイルとフォルダ>「Rename Finder Items」を選択
      ・「テキストを置きかえる」:「 のコピー」を「@low」に置換
      ※置換文字は、適時変更

  8. サービスを保存
      ・保存する時に、名前を付ける

6を変更する事で、指定ピクセルにすることも可能だし、
4と6を変えれば、画像だけじゃなく他にも色々応用が効きそうな気がする。


・イメージはこんな感じ
ImageScales.png

「使い方」

  1. フォルダ、ファイルで右クリック
  2. 一番下の「サービス」から保存時に設定した名前を選択
  3. 色々やってるのでちょっと待つ   (ファイルが多いとそこそこ時間がかかるみたい)
  4. できた!

ファイルが多いと処理に時間が掛かるけど、
さっくり作れるってのもあるし、そこは・・・まぁ・・・ね^^;
(MACアプリできっちり作るともっと早くなるのかな・・・)

 参考URL:
http://www.madeinthepain.com/automator-resize-images/
http://superuser.com/questions/240439/mac-automator-save-to-current-directory

Raugh
iOS(Objective-Cが好き、Swiftも出来るがバージョンが変わるたびに文法が右往左往してるからなぁ・・・)の開発をしている。たまに、Cocos2d-XとUnityとかも? クライアント側大好きっこ。 サーバー何それおいしいの? ↑から、ちょっとサーバもできると便利よね~ と興味だけは出てきて挑戦? あ、興味だけなら、UnrealEngineとかも・・・
https://raugh.club
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした