[覚え書きシリーズ]AWS EC2 LinuxでS3にバックアップ

More than 1 year has passed since last update.


XFSの場合


ファイル名に日時をつけてダンプする

#xfsdump -p 60 -l 0 - /dev/xvdb1 | bzip2 -c | aws s3 cp --storage-class REDUCED_REDUNDANCY - s3://Backet/Backup/files.$(date +%Y%m%d-%k%M%S).dmp.xfs.bz2


バケット内に日付をつけたディレクトリをつけてダンプする

#xfsdump -p 60 -l 0 - /dev/xvdb1 | bzip2 -c | aws s3 cp --storage-class REDUCED_REDUNDANCY - s3://Backet/Backup/$(date +%Y%m%d)/files.$(date +%Y%m%d-%k%M%S).dmp.xfs.bz2

オプション
効能

-p 60
60秒おきに状況を表示

-l 0
レベル0(全体)バックアップ

-
標準出力に出力 (ファイルなら -f <ファイルパス>)

--storage-class REDUCED_REDUNDANCY
低冗長性(書き込み速度を上げるため)

$(date +%Y%m%d-%k%M%S)
ファイル名に日付と時刻を入れる


ext2/3/4の場合


ファイル名に日時をつけてダンプする

#dump 0uf - / | bzip2 -c | aws s3 cp --storage-class REDUCED_REDUNDANCY - s3://Backet/Backup/root.$(date +%Y%m%d-%k%M%S).dmp.bz2


バケット内に日付をつけたディレクトリをつけてダンプする

#dump 0uf - /dev/xvda1 | gzip -c | aws s3 cp --storage-class REDUCED_REDUNDANCY - s3://Backet/$(date +%Y%m%d)/root_$(date +%Y%m%d_%H%M%S).dump

オプション
効能

0
レベル0(全体)バックアップ

u
差分バックアップ用ファイル(/etc/dumpdates)を更新

f
標準出力に出力 (ファイルなら -f <ファイルパス>)

--storage-class REDUCED_REDUNDANCY
低冗長性(書き込み速度を上げるため)

$(date +%Y%m%d-%k%M%S)
ファイル名に日付と時刻を入れる