Help us understand the problem. What is going on with this article?

同じ秘密鍵でSSH接続できるユーザーを追加する

More than 3 years have passed since last update.

意味深なユーザー追加の経緯

勉強しようしようと思っていたらAWSの無料期間が過ぎ、IDCFクラウドの方が安いっぽいので乗り換えました。
AWSは「ec2-user」がデフォルトでしたが、IDCFは特に無いので、「root」以外のユーザーを追加します。
それでもって、rootと同じ秘密鍵でログインできるようにします。
セキュリティ的にビミョーな気がしますが、業務ではなく個人の趣味程度の環境なので、ユーザーを増やしても鍵は増やしたくなかったので。。。
だったらrootだけでいい気もしますが、お勉強のためという事で。。。

同じ秘密鍵でSSH接続できるユーザーを追加する

とりあえずユーザーを追加する

まずはrootで

# useradd ユーザー名
# passwd ユーザー名

最初はユーザーを追加するだけでいいかなと思ったんですが、
デフォルトではパスワードのみのログインが許可されていないようです。

Q.A. SSH Keyなしで作成した仮想マシンへ接続方法は?

せっかくなので秘密鍵を使うようにしてみようかなと!

先ほど作ったユーザーに変更

# su - ユーザー名

公開鍵を入れるディレクトリ、ファイルを作成

#ディレクトリを作成
$ mkdir ~/.ssh
$ chmod 0700 ~/.ssh
#公開鍵ファイルを作成
$ touch ~/.ssh/authorized_keys
$ chmod 0400 ~/.ssh/authorized_keys

※全てrootで作ってもいいが、所有者とグループがrootになってしまいchownしないといけなくなってしまうため、今回はユーザー変更

rootに戻る

$ exit

公開鍵のコピー

作成したユーザーにも同じ鍵をコピーします。

# cp /root/.ssh/authorized_keys /home/ユーザー名/.ssh/authorized_keys

公開鍵はココ↓に入っていました
/root/.ssh/authorized_keys

これで終了!
後はいつもsshでrootのところを任意のユーザー名にすれば、いつもの秘密鍵でログインできると思います。

自分でもこれって意味あるの?って気もするのですが、、、w
何かツッコミ等ありましたらお願いしますm(_ _)m

次は普通に新しい鍵を使うユーザーを追加しますw

QUENCH
色々とお勉強中の新参者です 個人的なメモが中心ですが、 何かの拍子に何かの役に立てれば(´ω`)
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした