Help us understand the problem. What is going on with this article?

Raspberry Pi をMacでセットアップ忘備録 6 - VNCでリモートデスクトップ

More than 3 years have passed since last update.

Raspberry PiのiMacを利用したセットアップ忘備録です。

  1. 初期設定
  2. 無線LANと接続
  3. SFTPと接続
  4. USBスピーカーと接続
  5. USBマイクと接続
  6. VNCでリモートデスクトップ <<

環境

  • iMac Late 2013 (OSX 10.11.3)
  • Raspberry Pi2 ModelB (raspbian-wheezy)
  • PLANEX 無線LAN子機 (USBアダプター型) GW-USNANO2A (FFP)

MacにVNCクライアントをダウンロード

Download VNC® software

上記よりMac向けのクライアントを選択してダウンロードする。

※ 余談だが、ChromebookにはVNC® Viewer for Google Chrome™ - Chromeウェブストア、iPhoneにはVNC Viewer - iTunesといったクライアントアプリが用意されているので、様々な機器でRaspberry Piのデスクトップ画面をリモート操作する事が出来る。

Paspberry PiからVNCサーバーを起動させる

VNCサーバーを立てるには、Linuxのパッケージソフトtight vncを利用されるケースが多いらしい。

ssh
$ sudo apt-get install tightvncserver

でインストール。まずはパスワードの設定をする。

ssh
$ vncserver

You will require a password to access your desktops.

Password: 
Verify:   
Would you like to enter a view-only password (y/n)? n

New 'X' desktop is raspberrypi:1

Starting applications specified in /home/pi/.vnc/xstartup
Log file is /home/pi/.vnc/raspberrypi:1.log

パスワードは4〜6文字で設定する。この場合はディスプレイ番号:1という事。

解像度などのオプションをコマンドから設定する事が出来る。

ssh
$ vncserver :1 -geometry 1280x800 -depth 24
A VNC server is already running as :1

この場合はディスプレイ番号:1 で -画面1280X800ピクセル -色深度24ビット という設定をしている。

Macから受信する

VNCクライアントアプリを立ち上げ、VNCアドレスを指定する。

1.png

先ほど確認したディスプレイ番号を指定。

2.png

先ほど設定したパスワードを指定。

3.png

動作は機敏とは言いがたいので確認作業などの利用が良いと思う。

参考にさせていただきました

Raspberry PiにVNCで接続する

Raspberry Piの設定【VNCサーバ(tightVNC)の設定】

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした