Posted at

読書ノート:レガシーコード改善ガイド

More than 5 years have passed since last update.


きっかけ

必修書籍そのに


書籍情報

題名:レガシーコード改善ガイドー保守開発のためのリファクタリング

原題:Working Effective with Legacy Code

著訳:Michael C. Feathers 著, ウルシステムズ株式会社 監訳, 平澤章/越智典子/稲葉信之/田村友彦/小堀真義 訳

出版:翔泳社

発行:2009年7月13日 発行


超訳

以下、袖文より一部引用


  • 仕様が分からないコードの分析方法

  • 仕様が分からないコードの修正方法、またはテストコードの追加方法

  • コードの修正で、疎結合な設計に部分的に改善する方法

対象読者


  • 現行のシステムが仕様が分からず保守作業に悩む、保守担当者

  • 現行のシステムの保守作業は可能であるもののデグレーションに悩む、保守担当者

  • 疎結合な設計手法について知りたい技術者


感想


心に残った箇所


  • みんなそうだと思うけどやっぱり第24章。みんな大好き第24章

  • 「編集して祈る」vs「保護して変更する」

  • レガシーコードの変更手順


    1. 変更点を洗い出す

    2. テストを書く場所を見つける

    3. 依存関係を排除する

    4. テストを書く

    5. 変更とリファクタリングを行う



  • 検出、分離、接合部


私見


  • 実は最後まで読んでない


読書期間

開始:2014/2/28

読了:2014/3/28