Help us understand the problem. What is going on with this article?

宮崎県COVID-19対策サイトを見つけ、出身者として何かしたいと思ったから、した。

出身の宮崎県用の対策サイトが出来、同時に感染者数が3人に増えていたことを知った。何かできる事は無いかと思ったので、Qiitaに記録しつつ、色々やってみた。

Introduction

参照

誰よ

  • 宮崎県出身
  • PRしたことない人
  • Vue, TypeScript何も分らん
  • 現在、住所不定無職。再就職活動中

環境

  • Ubuntu 18.04 ( vm with Vagrant
    • Node.js: v12.16. (>= 10.19.0
    • yarn: 1.22.4

環境構築

リポジトリのREADME.md中の開発者向け情報->環境構築の手順に従う

terminal
# 対象をforkしておく
git clone https://github.com/oriverk/covid19.git
cd covid19
terminal
# yarnが入ってなかったのでinstallした後。
yarn install
yarn dev

私にとっては、ここから未知の領域。(yarn devとは :rolling_eyes:
image.png

yarn devの処理?が終わった後、http://localhost:3000/にアクセスすると
image.png

やったこと

最初に書いた通り、Vue(と言うかJS)何もわからない人であり、コード修正は厳しいと考えたので、表示される自然言語の修正をする事にした。因みにどのファイルがどこにあるかも判らなかったので、commit履歴から探しました(^^;

内容

  1. CODE_OF_CONDUCT.mdの修正
  2. image.png

東京都verから宮崎県verにした際の地域表記変更の漏れであり、1文字の修正だった。

CODE_OF_CONDUCT.md
# 33行目:都庁の人だけではなく
=> 県庁の人だけでなく
terminal
git add .
# pre-commit.shでエラーが出たので(触ってない
git commit -m "都庁を県庁に修正" --no-verify
git push コピーしてきたURL development

はじめてのpull request

無職&&個人で勉強なのでPRの機会は初めてで、ここをよく見ながらしましたが、怖かった:cry:

やってることは同じなので割愛。こんな感じで書いた。
image.png

無事にpull requestがmergeされ、OSS活動(?)の実績解除となりました。:blush:
image.png

やりたいこと

  • 表示自然言語の部分を中心に修正改善
  • Warningと出ている部分の修正
    • 恐らくTypescriptの型由来の警告なので、ドキュメントと格闘しながら。

序に

PCを触ってない時は、これを動かしてます。

OriverK
農学学士、卒論はC++とOpenCVによる画像処理を用いて、圃場の農作物列と雑草を区別検出する自動除草ロボットの研究など。新卒入社で農系企業に入るも退職。現在、転職活動中。
https://oriverk.dev
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした