Help us understand the problem. What is going on with this article?

SORACOM LTE-M Button powered by AWS まとめのまとめ

ソラコムの江木です。
そしてこの記事は SORACOM LTE-M Button powered by AWS Advent Calendar 2018 21日目の記事でもあります。

今年も残り1週間と少しを残すのみになりました。ふりかえれば 4月の Technology Camp 2018、7月のDiscovery2018、そして11月の Technology Camp 2018 Fallなど今年も主催イベント、これ以外にも各イベントに出展/参加させていただきました。皆様ありがとうございました。

2018年、ここまでのべ 28 の新サービス、機能追加をリリースしました。(注:まだ今年は終わってませんよ!)
その中で最も多くの反響をいただいたのが #あのボタン です

まとめは、@ko2aさんのSORACOM LTE-M Button powered by AWS ドキュメントガイドをみていただくとして、ここではよくある質問をまとめたいと思います。


LTE-M Button ってなにができる?

こちらをご覧ください!

でも、お高いんでしょ?

特別価格 3,980円(税別・送料別)は12月26日23:59までです。そのあとは通常価格 7,980円(税別・送料別)となります。

1年or1500回クリックを超えると使えないの?

  • ソラコムのコンソールから登録することで期間およびクリック回数は自動更新となります。(更新手数料は 1,200円(税別)です。)

みんな何に使ってるの?

「で、何に使えるの?」ですが、使い方はあなた次第です。たくさんのやってみたブログがありますが、@ko2aさんのSORACOM LTE-M Button powered by AWS ドキュメントガイド にまとまっています!

ちなみに、私のはSORACOM LTE-M Button で Google Home と Line に「いまからお父さん帰るよ」通知やってみたです。

SORACOM LTE-M Button powered by AWS Advent Calendar 2018 にも #やってみた がたくさんあります。
さらに #あのボタン でTwitterを検索するとホットな話題に出会えるはずです。

よくわかった。それで注意点とかある?

よくある注意点はこの2つです。

  • コンソールから登録することなく、1 年間(365 日)もしくは 1,500 回分のクリックを超過した場合は使用できなくなりますのでご注意ください。(解約処理が実施されます)

    • → なので、継続して使いたい方は早めに登録を!
  • ソラコムのコンソールからデバイスを解約した場合はデバイスは使用できなくなります。再び使用することはできません。

    • → そして、こちらにも注意してください。

ぜひ、お試しください!

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away