LoginSignup
0
1

More than 1 year has passed since last update.

cupsサーバ on Docker

Last updated at Posted at 2023-02-11

当研究室のシステム

概要

cupsサーバ on Ubuntu Serverをベースに,Docker上にcupsサーバを構築.

更新履歴

2023/02/17: 間違い修正
2023/02/13: インストール用スクリプトをvolume(bind)経由で使用することに変更.
2023/02/15: 総評追加

はまりポイント

lpadmin

lpadminでプリンタの設定を行う.このコマンドは/etc/cups/printer.confを作成・記述を行うが,これが非同期でlpadminの実行後30秒くらいかかるらしい(Dockerfile RUN lpadmin to add a printer not working in the built image?).その為,Dockerfileの中にRUN lpadmin ...を書いてもイメージに反映してくれない.RUN lpadmin ...はDockerfileの中ではなくインタラクティブ(docker container exec -it ...)に実行してcommitする必要がある.

lpdプロトコルの使用

lpdプロトコルは515ポートを使用するので開けておく必要がある.
lpdはTCP515を使うけど,cupsによるサービス待受けじゃないのでポート開けておく必要はない.

システム概要

以下の構成を対象する.
名付けは理解・区別しやすいようにubuntu_cups, docker_cupsなどとするが,実際はcupsに統一するなどした方がよい.

  • ubuntu Server上のDockerにcupsサーバを構築
    • ServerなのでCLIしか持たない.
      • Server上のDockerについてはこちら
  • cupsの設定はブラウザ経由とlpadmin(CLI経由)があるが,lpadminを対象
    • ブラウザ経由は説明書き・自動化が面倒だから
    • Docker上のcupsだとブラウザ経由では面倒そうだから
    • ブラウザ経由は動作確認と設定確認くらいに使用
  • プリンタプロトコル
    • 使用するプロトコル
      • lpd
        • ippがメジャーだけど勉強が面倒不足だから
  • クライアント
    • 以下のネットワーク内にあるPCからアクセスすることを考える
      • 192.168.0.0/24

ubuntu server情報

例として使用するサーバ情報

  • FQDN
    • ubuntu_cups.mylab.ac.jp
  • IP
    • 192.168.0.1/24
  • Dockerfile関係のディレクトリ
    • ~/Docker
      • Dockerfile
      • docker-compose.yml
      • ~/drivers/
        • ***.debや ***.ppdファイル置き場
          • それぞれのプリンタに合わせて準備
          • 例としてprinter2.deb(192.168.0.2)とprinter3.ppd(192.168.0.3)を使用
          • 使用するプリンタに合わせて事前に準備
        • printer2.debについて
          • インストールが必要(dpkg)
          • インストール後のlpadminでの登録方法はプリント毎に調査
          • printer2.debの例
            • dpkg -i printer2.deb
            • lpadmin -p printer2 -L "場所" -v lpd://PRINTER/BINARY_P1
              • 普通インストール後lpinfo -vで出てくる?
        • printer3.ppdについて
          • lpadmin -p printer3 -L "場所" -v lpd://192.168.0.3/8080 -P /root/drivers/printer3.ppd
            • ppdファイルの場所が「/root/drivers/」になっているのはDockerfileの中でCOPY ./drivers /root/driversとするため
    • ~/bin/cups_settings/
      • add_printer.sh
        • lpadminを毎回実行するのが面倒なのでシェル化

docker情報

例として使用するdocker関係情報

  • イメージ名
    • nek/cups:latest
  • コンテナ名
    • docker_cups

cups on Docker構築

プリンタ関係ファイルの準備

deb, ppdファイルの準備して,以下のディレクトリに入れる.

  • ~/Docker/drivers

プリンタ登録用のスクリプト準備

スクリプトにしなくても良いが,手入力より楽なのと,プリンタの追加・削除をスクリプトで管理できるのでおすすめ.

~/bin/cups_setting/add_printer.sh
#!/bin/bash
/usr/sbin/lpadmin -p printer2 -E -L "場所1" -v lpd://PRINTER/BINARY_P1
/usr/sbin/lpadmin -p printer3 -E -L "場所2" -v lpd://192.168.0.3/8080 -P /root/drivers/printer3.ppd
/usr/sbin/lpadmin -d printer2 # printer2をデフォルトプリンタにする場合

Dockerイメージの作成

Dockerfileの準備

~/Docker/Dockerfile
FROM ubuntu:22.04

COPY ./drivers /root/drivers

# cupsインストールなど
RUN set -x && \
    apt update && apt upgrade -y && \
    apt install cups -y

# cups基本設定
RUN sed -i 's!Listen localhost:631!Listen \*:631!' /etc/cups/cupsd.conf && \
    echo "ServerAlias ubuntu_cups.mylab.ac.jp" >> /etc/cups/cupsd.conf && \
    sed -i 's!BrowseLocalProtocols dnssd!BrowseLocalProtocols all!' /etc/cups/cupsd.conf && \
    sed -i 's!<Location />!<Location />\n  Allow 192.168.0.0/24!' /etc/cups/cupsd.conf && \
    sed -i 's!<Location /admin>!<Location /admin>\n  Allow 192.168.0.0/24!' /etc/cups/cupsd.conf && \
    sed -i 's!<Location /admin/conf>!<Location /admin/conf>\n  Allow 192.168.0.0/24!' /etc/cups/cupsd.conf

# cupsを使用するための設定やプリンタドライバのインストール
# /var/sppl/lpdは無いと怒られたため
RUN mkdir -p /var/spool/lpd && \
    dpkg -i /root/drivers/printer2.deb

CMD ["/usr/sbin/cupsd", "-f"]

Dockerイメージ作成

cd ~/Docker
docker image build -t nek/cups:latest .

docker-compose.ymlの準備

docker-compose.yml
version: '3.9'

services:
  cups:
    image: nek/cups:latest
    container_name: docker_cups
    ports:
      - 515:515
      - 631:631
    restart: always
    volumes:
      - ~/bin/cups_settings:/root/bin/cups_settings:ro

イメージ起動・追加設定

docker compose up -d
docker container exec -it docker_cups bash
# dockerコンテナにログイン・コンテナ内での作業となる.
/root/bin/cups_settings/add_printers.sh
exit
# dockerコンテナ内からのログアウト・ホストでの作業となる.
docker container commit docker_cups nek/cups:latest

通常利用

最後のcommitで利用可能・すでに利用中となる.ブラウザ経由でhttp://ubuntu_cups.mylab.ac.jp:631にアクセスして管理画面が見えることを確認する.

以後

docker compose downで終了(コンテナも削除),docker compose up -dでバックグラウンドで実行となる.
restart: alwaysとしているので,ホストを再起動しても自動的に起動する.

lpadminとprinter.conf

lpadminがprinter.confを作るだけなら,/etc/cups/をvolumeマウントしてしまえばいい.もし気が向いたら更新.

総評

cupsの場合,docker使わずそのままインストール・使用でいいや.
インストールも簡単,設定も簡単.特にcupsd.confの編集はDockerfileを作成するためにsedを使用している.同じようにスクリプトにして保存しておけば問題ない.Dockerfileを保存するのか,設定用のスクリプトを保存するのかの違い.特にDockerの場合,lpadminの問題からプリンタ設定用のスクリプトを作成・保存しているので,面倒くささは変わりない.

普通利用とdocker利用で利便さがそれほど異ならない(むしろdockerの方が手間がかかる場合あり)ので,実際は実機運用でいいかな.ただdockerの勉強以としては適していた.あとは,Docker swarm使えるようになると違うかも.

0
1
0

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
0
1