Help us understand the problem. What is going on with this article?

Amazon Fargate でコンテナを動かす

More than 1 year has passed since last update.

スクリーンショット 2018-01-03 10.08.09.png

もくじ

  1. ALBの作成
  2. Fargateタスクの作成
  3. Fargateクラスターの作成
  4. Fargateサービスの作成
  5. アクセス確認

事前準備

事前にnginxのコンテナイメージをリポジトリに登録しておきます。

Amazon ECS を利用する前にローカルでコンテナを動かす - Qiita

1. ALBの作成

事前にサービスで利用するALB(Application Load Balancer)を作成しておきます

補足:ECSとの違い
FargateではALBに割り当てるターゲットグループのターゲットの種類ipが指定されてないと、サービス作成時に指定することができませんでした。

elb01.png
elb02.png
elb03.png
elb04.png
elb05.png
elb06.png
elb07.png
elb08.png
elb09.png

2. Fargateタスクの作成

Fargate用のタスクを作成します。

補足:ECSとの違い
Task SizeのCPUとメモリが必須パラメータになってました
ポートマッピングでホストポートの指定が不要になってました

task01.png
task02.png
task03.png
task04.png

task05.png
task06.png

3. Fargateクラスターの作成

Fargate用のクラスターを作成します。

補足:ECSとの違い
EC2インスタンスの設定が不要になってました

cluster01.png
cluster02.png
cluster03.png
cluster04.png

4. Fargateサービスの作成

Fargate用のサービスを作成します。

sv01.png
sv0.png
sv02.png
sv03.png

注意点:ターゲットグループ名
ターゲットの種類ipが指定されてないターゲットグループはプルダウンの選択候補として表示されない

sv04.png
sv05.png
sv06.png

5. アクセス確認

タスクの前回のステータスREADYになったことを確認する。

ac01.png

ターゲットグループの登録済みターゲットで状態healtyになってることを確認する。

ac02.png

ALBのDNS名を確認してブラウザからアクセスできることを確認。

ac03.png
ac04.png

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away