AWS
elb
CertificateManager

AWS Certificate Manager で証明書を発行してALBに割り当てる

全体の流れ

  1. ドメインを取得する
  2. ドメインにALBを割り当てる
  3. HTTPS化する ←今回の投稿

もくじ

  1. 証明書を発行
  2. セキュリティグループでHTTPSを許可
  3. ALBでリスナーにHTTPSを追加
  4. アクセス確認

前提条件

  • ALB(Application Load Balancer)は事前に作成済み
  • Route53でドメイン取得済み
  • Route53でALBへのDNSレコードを設定済み

1. 証明書を発行

AWS Certificate Manager で証明書を発行します。

https01.png
https02.png
https03.png
https04.png
https05.png
https06.png
https07.png
https08.png
https09.png

2. セキュリティグループでHTTPSを許可

ALBに割り当てているセキュリティグループでインバウンドのルールにHTTPSを許可する。

https13.png
    https12.png

3. ALBでリスナーにHTTPSを追加

ALBでリスナーにHTTPSを追加する。

https10.png
https11.png

4. アクセス確認

ブラウザからHTTPS化したURLにアクセスする。

https14.png