Help us understand the problem. What is going on with this article?

SpringでFlash Scopeを使ってリダイレクト先画面にパラメーターを渡す

画面遷移のあるアプリケーションでリダイレクトする場合、リダイレクト先にパラメータを渡したいケースがあります。
実現方法はいくつかありますが、ここではSpring + Flash Scopeを使ったやり方を紹介します。

Flash Scopeとは

1回のリダイレクトで有効なスコープです。
Request Scopeより長くSession Scopeより短いといったイメージになります。

実現方法

RedirectController.java
@Controller
public class RedirectController {

    // リダイレクト元エンドポイント
    @GetMapping("view1")
    public String view1(RedirectAttributes redirectAttributes) {
        redirectAttributes.addFlashAttribute("key1", "value1");
        return "redirect:/view2";
    }

    // リダイレクト先画面
    @GetMapping("view2")
    public ModelAndView view2(Model model, ModelAndView modelAndView) {
        // Flash Scopeから値の取り出し
        String value1 = (String) model.getAttribute("key1");
        modelAndView.addObject("redirectParameter", value1);
        modelAndView.setViewName("demo/redirect/view2");
        return modelAndView;
    }
}

リダイレクト元のエンドポイントでRedirectAttributes#addFlashAttributeを利用して、リダイレクト先に渡したいパラメータを指定します。リダイレクト先の画面ではそれをModel#getAttributeを利用して取り出します。

よくあるやり方としては、Sessionに値を格納してリダイレクト先で取得、という方法ですが、ほとんどのケースでSessionから値を取りだしたらその値を明示的にremoveする必要があります(メモリリークの温床となるため)。
Flash Scopeを使うことで、一度リダイレクト先に遷移したら以降はリダイレクト先画面をF5リロードしても利用することができなくなります(remove等の考慮は不要です)。

以上です。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした