1. PuTTYのダウンロード&インストール

PuTTYのサイトからインストーラーをダウンロード&インストールする。

2. puttygenで認証鍵を生成

PuTTYをインストールしたディレクトリ配下に「puttygen.exe」があるのでそれを開き、「Generate」ボタンを押下する。
1.png

緑のメーターが一番右に来るまでマウスカーソルをクルクル回す。
1.png

「key_comment」にデフォルトでテキストが入っていると思うので、それを削除して自分のGCPアカウントを入力する。
1.png
「Save private key」ボタンを押下し、任意の名前で秘密鍵を保存する(ファイルの形式は、ファイル名.ppkとなる)。

公開鍵(下記の赤枠の部分)をコピーして控えておく。
1.png

3. GCPに公開鍵を登録する

GCPコンソールにアクセスし「Compute Engine」→「メタデータ」を選択する。

「SSH認証鍵」タブを選択し「編集」ボタンを押下する。
キャプチャ.PNG

「項目を追加」ボタンを押下し、「2. puttygenで認証鍵を生成」でコピーしておいた公開鍵を貼り付ける。
キャプチャ.PNG

自分のGCPアカウント名になっていることを確認したら、保存ボタンを押下する。
キャプチャ.PNG

4. PuTTYでSSH接続

PuTTYを開き、接続したいGCPのインスタンスのIPもしくはホスト名を入力する。
無題.png

「Connection」→「Data」の「Auto-login username」に自分のGCPアカウントを入力する。
無題.png

「Connection」→「SSH」→「Auth」で「2. puttygenで認証鍵を生成」で保存しておいた秘密鍵を設定し、「Opne」ボタンを押下する。
無題.png

こんな感じで接続されれば成功。
無題.png

参考

メタデータでの SSH 認証鍵の管理

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.