Help us understand the problem. What is going on with this article?

[Oracle Cloud] デフォルト・タグを設定して、野良リソース対策する

モチベーション

Oracle Cloud Blog - Using default tags to identify who created resources 」の記事を見て、これはいいと思ったのでやってみた。

参考

Using default tags to identify who created resources

結果

ブログ記載の内容そのままやって、できた!
( コスト・トラッキングのチェックはつけておいた方がいいと思う。)

やったこと

[適用を想定する状況]

  • とあるコンパートメントを開発者に開放するとする
  • 利便性のため、開発者に、そのコンパートメントに対してリソースの作成権限 (manage) 権限を委譲しているものとする
  • それぞれの開発者たちに個人アカウントを付与しており、共有アカウントは使ってないものとする
  • そのコンパートメントにデフォルト・タグを定義して、タグ指定しない場合に、作成者の名前が入るようにする

コンパートメントを作成

  1. メニュー→ [アイデンティティ] → [コンパートメント] → [コンパートメントの作成]ボタンを押下
  2. "DEV"コンパートメントを作成する

デフォルト・タグの作成

  1. メニュー→ [ガバナンス] → [タグ・ネームスペース] → [ネームスペース定義の作成]ボタンを押下
    • 作成するコンパートメントに、ルートを指定。
    • ネームスペース定義名に"OWNER"と入力(名前は任意)
    • 説明に、任意の説明文を入力

tag01.png

  1. 作成されたネームスペースのリンクを押下 → [タグ・キー定義の作成]ボタンを押下
    • タグ・キーに、CREATORと入力。(名前は任意)
    • 説明に、任意の説明文を入力
    • コスト・トラッキングにチェックする
    • タグ値のタイプに、任意の文字列を選択

tag02.png

コンパートメントにデフォルト・タグを適用する

  1. メニュー→ [アイデンティティ] → [コンパートメント] → "DEV"コンパートメントのリンクを押下
  2. [タグのデフォルト]のリンクを押下

tag03.png

  1. [タグのデフォルトの作成]ボタンを押下
    • タグ・ネームスペースから、"OWNER"を選択。タグ・キーから、"CREATOR"を選択。
    • 指定されたデフォルト値に、${iam.principal.name} を入力

tag04.png

※ そのほかに指定できるタグ変数は、以下 (参考:Managing Tags and Tag Namespaces)

  • ${iam.principal.name} - The name of the principal that tagged the resource.
  • ${iam.principal.type} - The type of principal that tagged the resource.
  • ${oci.datetime} - The date and time that the tag was created.

以上で設定は完了。

確認する

  1. DEVコンパートメントにComputeインスタンスを作成する。(作成時にタグ指定しない)
  2. インスタンスの詳細ページから「タブ」を開く。
    • 作成者の名前がタグ値に設定されていること
    • コストトラッキングのマークがついていること ( お札マーク ) tag05.png
  3. 半日くらいたった後に、メニュー→[アカウント管理]→[コスト分析]で、タグキーとタグ値を指定すると、タグ値(作成者)単位での課金状況が確認できた。 tag06.png
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away