Help us understand the problem. What is going on with this article?

Django Rest Framework 2.x のチュートリアル(0)

More than 1 year has passed since last update.

みんなで仲良く開発しよう!w

  1. 大学(院)の授業で、6人程度の規模なチーム開発の授業がありまして
  2. サーバ・クライアントに分かれ、それぞれフレームワークを使って開発しようとなりました。(私はまずはサーバ側でした)
  3. 次にアジャイルで、みんなで仲良く開発をしようぜ っていう授業方針なので
  4. まず使用言語を統一する必要があり
  5. Pythonくらいしか共通で使える言語がなく
  6. 結果有名所ということで Django を使うことになりました

問題点はいくつかあって、
- Djangoは MTV (Model Template View) 型のフレームワークなのでRestfulにするときに結構面倒くさい
- Djangoの真っ当な経験がないのにAPI開発で応用しようっていう考え方が頭おかしい
- そもそも各人でスキルレベルに差がありすぎるのに、開発よーいドンできるわけねえだろアホか
- というか 1.0 と 2.0 結構違いますねあなた。Tensorflow 並じゃねえかこのフレームワーク

というわけでフレームワークの使い方を統一する、開発チームの知見を共有するためにこのチュートリアルを夜鍋して書きました。

まあ、結局炎上してサーバサイドは凍結され、途中からクライアントサイドのわけわからんフレームワークを使う羽目になりましたが。

作業レポジトリ

https://github.com/MokkeMeguru/django-mariadb-nginx-example

ここの README.org が最新の情報です。要望があれば issue に追加してください。

目次

Django Rest Framework 2.x のチュートリアル(0)
Django Rest Framework 2.x のチュートリアル(1)
Django Rest Framework 2.x のチュートリアル(2)
Django Rest Framework 2.x のチュートリアル(3)
Django Rest Framework 2.x のチュートリアル(4)
Django Rest Framework 2.x のチュートリアル(5)
Django Rest Framework 2.x のチュートリアル(6)

感想

利用言語・フレームワークの知見が共有されていない状態で行われることが一般であるとするならば、おそらくアジャイル開発というのは崩壊後一歩で繰り広げられるゴミのような開発方針ですね、と思いました。

(技術の共有ができていない状態で好き勝手に一つのレポジトリを弄ったら、可読性がなくなるのが目に見えているんだよなぁ…)

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした