search
LoginSignup
8

More than 1 year has passed since last update.

posted at

フロント・バックエンドサービスをコンテナ化してもGitコミット時にLefthookでテストやLint実行

TL;DR

  • フロント・バックエンドサービスをそれぞれコンテナ化、docker-composeで全てのコンテナを管理する
  • monorepoで管理した際に1リポジトリとなるので気軽にGit Hookの処理ができない
  • Lefthookを導入してpre-commit時にすべてのコンテナに対してLintツールを動作させるようにした

サンプルコード

1リポジトリで開発環境を管理したい

渋川さんの記事

マイクロサービスほどじゃないけどウェブサービスを分割開発したい人向けDocker設定を集めるスレ
https://qiita.com/shibukawa/items/fd49f98736045789ffc3

を読んでフロントエンドとAPIがごっちゃになっている開発環境ヨクナイ!ってことでサービス単位でコンテナ化してvs codeのリモートコンテナ機能を使って開発環境を再構築をしていたらGitとGItHooksの扱いで躓く。

Git Hooksの扱い

1リポジトリでサービスをコンテナ化してmonorepoを構築した際に.gitはルートディレクトリのみに存在する。
何が起こるかというと、フロントエンド開発時に「Husky+lint-stagedでコミット前にeslintやprettierを実行してコミット前にソースをチェックする」ができなくなります。これは治安が悪くなるってことで調査を進めた結果、試してみたのがLefthookです。

Lefthookを使ってみる

Lefthookとは?ということで公式の説明を引用

The fastest polyglot Git hooks manager out there

Fast and powerful Git hooks manager for Node.js, Ruby or any other type of projects.

  • Fast. It is written in Go. Can run commands in parallel.
  • Powerful. With a few lines in the config you can check only the changed files on pre-push hook.
  • Simple. It is single dependency-free binary which can work in any environment.
  • GO製。コマンドを並列実行できる
  • かんたんな設定ファイルでpre-pushのhookが使えるようになる
  • (GOによる)シングルバイナリなので、どのOSでも実行可能

今回は以下のことを実装しました。

  • 起動時にdocker-composeでインスタンス起動
  • 起動したインスタンスに対してコマンドを実施
  • 更新対象のファイルの拡張子をgrepして対象の拡張子がstageにあるときのみ実行する

※、余談ですが日本語での紹介記事は2つのみ。1つは公式の翻訳ともう一つはRubyでのHusky置き換え記事です。

Lefthook: 多機能GItフックマネージャ
https://techracho.bpsinc.jp/hachi8833/2019_10_16/79052

Git HooksマネージャーのLefthookを試してHusky(+lint-staged)と比較した結果、乗りかえました
https://blog.solunita.net/posts/change-lefthook-instead-of-lintstaged-with-husky/

Lefthookインストール

Lefthookインストールですが、公式サイトのInstallationか、リリースページから直接ダウンロードします。自分はWindows環境なのでプロジェクト内にlefthook.exeをそのまま置いて使っています。
インストール後に対象のリポジトリで以下のコマンドを実行

lefthook install #Windowsで直下に置いている場合は lefthook.exe install

インストールが完了するとリポジトリのルートに「lefthook.yml」が作成されますので、こちらに設定を書きます。

Lefthook設定ファイル解説

lefthook.yml
# EXAMPLE USAGE
# Refer for explanation to following link:
# https://github.com/Arkweid/lefthook/blob/master/docs/full_guide.md
#
# pre-push:
#   commands:
#     packages-audit:
#       tags: frontend security
#       run: yarn audit
#     gems-audit:
#       tags: backend security
#       run: bundle audit
#
# pre-commit:
#   parallel: true
#   commands:
#     eslint:
#       glob: "*.{js,ts}"
#       run: yarn eslint {staged_files}
#     rubocop:
#       tags: backend style
#       glob: "*.rb"
#       exclude: "application.rb|routes.rb"
#       run: bundle exec rubocop --force-exclusion {all_files}
#     govet:
#       tags: backend style
#       files: git ls-files -m
#       glob: "*.go"
#       run: go vet {files}
#   scripts:
#     "hello.js":
#       runner: node
#     "any.go":
#       runner: go run

pre-commit:
    piped: true
    commands:
        1_docker-compose:
            root: .
            run: docker-compose up -d
        2_eslint:
            root: "containers/frontend/"
            glob: "*.{js,jsx,ts}"
            run: docker exec -it frontend-container yarn eslint-check
        3_frontend-test:
            root: "containers/frontend/"
            glob: "*.{js,jsx,ts}"
            run: docker exec -it frontend-container yarn test
        4_api-test:
            root: "containers/api/"
            run: docker exec -it api-container go test

サンプルとインデントの数が違うのはご愛嬌。今回使っている処理は以下の通り。

  • pre-commit: コミット実施前に実行してほしい処理
  • piped:commandsを名前順に実施する。そのため頭文字に数字をつける
  • commands:実行するコマンド
  • root:どの階層でコマンドを実施するかを記載
  • glob:stagedのファイルのうち、コマンド実行対象とするファイルを選別する
  • run:実行するコマンド

コマンドの内容ですが以下の処理を実施しています。

  • docker-composeでコンテナを起動
  • docker execを使用してフロントエンドコンテナでeslint+Prettierを実施
  • docker execを使用してフロントエンドコンテナでテストを実施
  • docker execを使用してAPIコンテナでテストを実施

フォルダ・ファイル構成

以下の想定でファイル構成を行っています。
- フロントエンドとAPIサーバをそれぞれコンテナ化して管理
- docker-composeでコンテナを一元管理
- フロントエンドではeslint+Prettierでのソース整形とテストを実施
- APIサーバではテストを実施
- それぞれ正常に実行時のみコミットを実施する

ファイル構成
lefthook-docker-node-go-dev-sample
│  .gitignore
│  docker-compose.yml
│  lefthook.exe
│  lefthook.yml
│  LICENSE
│  README.md
│
└─containers
    ├─api
    │      docker-entrypoint.sh
    │      Dockerfile
    │      go.mod
    │      go.sum
    │      main.go
    │      main_test.go
    │
    └─frontend
        │  .eslintrc.json
        │  docker-entrypoint.sh
        │  Dockerfile
        │  package.json
        │  README.md
        │  yarn.lock
        │
        ├─node_modules
        ├─public
        │      favicon.ico
        │      index.html
        │      logo192.png
        │      logo512.png
        │      manifest.json
        │      robots.txt
        │
        └─src
                App.css
                App.js
                App.test.js
                index.css
                index.js
                logo.svg
                serviceWorker.js
                setupTests.js

Lefthookでpre-commit時にコンテナに対してコマンド実行

pre-commitをrunしてみる。

実行結果
.\lefthook.exe run pre-commit
RUNNING HOOKS GROUP: pre-commit

  EXECUTE > 1_docker-compose
api-container is up-to-date
frontend-container is up-to-date

  EXECUTE > 2_eslint
yarn run v1.22.4
$ eslint --print-config .eslintrc.json | eslint-config-prettier-check
No rules that are unnecessary or conflict with Prettier were found.
Done in 0.69s.

  EXECUTE > 3_frontend-test
yarn run v1.22.4
$ CI=true react-scripts test
PASS src/App.test.js
  ✓ renders learn react link (39ms)

Test Suites: 1 passed, 1 total
Tests:       1 passed, 1 total
Snapshots:   0 total
Time:        2.081s
Ran all test suites.
Done in 3.23s.

  EXECUTE > 4_api-test
[GIN-debug] [WARNING] Creating an Engine instance with the Logger and Recovery middleware already attached.

[GIN-debug] [WARNING] Running in "debug" mode. Switch to "release" mode in production.
 - using env:   export GIN_MODE=release
 - using code:  gin.SetMode(gin.ReleaseMode)

[GIN-debug] GET    /ping                     --> github.com/MegaBlackLabel/lefthook-docker-node-go-dev-sample.setupRouter.func1 (3 handlers)
[GIN] 2020/03/15 - 03:43:28 | 200 |      44.742µs |                 | GET      /ping
PASS
ok      github.com/MegaBlackLabel/lefthook-docker-node-go-dev-sample    0.014s

SUMMARY: (done in 7.78 seconds)
✔️  1_docker-compose
✔️  2_eslint
✔️  3_frontend-test
✔️  4_api-test

コマンドが順番に実行されそれぞれの実行結果が表示。最後にサマリーとしてOK・NGが出力されます。

まとめ

  • サービス単位でコンテナ化して開発するのは便利だね。でもGit Hooksの処理ができない
  • Lefthook使えばできるよ。シングルバイナリだから導入もかんたんだよ
  • コンテナ化してもGit Hooksが使えるので複数の開発者がいても治安が維持できそう

以上

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
8