R
PowerBI

Power BI でサバイバル分析

More than 1 year has passed since last update.

R のプラグインをPower BIに導入するのは簡単です。Power BIにはない、Rでのデータ処理や可視化をインスタントに組み入れることができます。

R Script Visualの作成

VisualのなかにRスクリプトヴィジュアルというものがあるので、それを選択します。
image.png

初めに値をいくつか入れておきます。すると以下のようなインターフェイスのエディタが現れます。

image.png

dataset という名前の変数に、関連付けられたデータがdata.frameに割り当てられます。
そこから先は、普通にRのコードを書くだけです。

サバイバル分析をPowerBIでやる

Power BIのフォーラムにほぼ答えが書いてありましたので、マネをしてみます。
Survival Analysis with PowerBI and R

library(survival)
fit=survfit(Surv(time, status)~disease, data=dataset)
labels <- levels(factor(dataset$disease))
n <- length(labels)
cols <- 1:n
ltys <- 1:n
plot(fit, xlab="time", ylab="Survival Probability", col.lab="gray", pch="1", lwd="2", col=cols, lty = ltys, tck=0,bty = "n", yaxt = "n") 
abline(h=seq(0.2,0.8,0.2), col="gray")
legend("topright",  legend = labels, col=cols, lty = ltys) 

データはRにあるkidneyという、腎臓の感染症の臨床データをPower BIに取り込んで使いました。

生データのプロットとともに表示してみました。疾病ごとの比較になりますがこれだとあまり違いがわかりませんね。
image.png