Windows
PDF
GhostScript

GhostScriptを使ってPDFファイルを印刷する

PDFファイルの印刷といえばAcrobat Readerですが、PDFファイル印刷の別解としてオープンソースのGhostScriptを使う方法があります。この記事ではWindows版GhostScriptのCUIエンジンgswin64c.exe(32ビット版はgswin32c.exe)を使ってPDFファイルを印刷します。


前提

この記事ではWindows10にインストールしたgswin64c.exeを使っています。

実行するためには https://www.ghostscript.com/download/gsdnld.html からインストーラーをダウンロードし、実行パソコンにGhostscriptをインストールする必要があります。

コマンドライン引数に与えるファイル名、パラメータは適宜読み替えてください。


実行方法

コマンドプロンプトで以下の通り入力して実行します


コマンドプロンプト

C:\Program Files\gs\gs9.27\bin\gswin64c -r300 -dNOPAUSE -dBATCH -sDEVICE=mswinpr2 -sOutputFile="%printer%EPSON LP-S950" d:\123456.PDF  


このコマンドで、PDFファイル「D:\123456.PDF」がローカルプリンタ「EPSON LP-S950」に確認ダイアログなしで印刷できます。ポイントは-(ハイフン)付きの実行時オプションをファイル名の前に記載することです。ファイル名の後に記載するとそのオプションは無効になります。

一先ず印刷できればOKな方は、プリンタ名とファイル名を読み替えて実行すればプリンタに出力されます。

オプションについて詳しく知りたい方は、GhostScriptのドキュメント https://www.ghostscript.com/doc/9.27/Use.htm を参照ください。