Help us understand the problem. What is going on with this article?

Kotlinで自作のクラスでもfor in ループを回したい

自作で作成したクラスでもfor in でループを回したいときがあると思うので、その方法を調べてみました!

公式ドキュメントより引用
https://kotlinlang.org/docs/reference/control-flow.html#for-loops

メンバ関数もしくは拡張関数である itrator() を持っていること。 そしてそれが返す型が
メンバ関数もしくは拡張関数である next() を持っており、
メンバ関数もしくは拡張関数であり、Boolean を返す hasNext() を持っていること。

それら3つの関数全てが operator としてマークされていること。

@sdkei さんのコメントを引用

要するに3つのメンバ、関数を実装すればいいってことですね。

繰り返されるクラスに直接Iterableを実装(従来のJavaとほぼ同じ)

class Hoges : Iterable<String> {
    override fun iterator(): Iterator<String> {
        return object : Iterator<String> {
            override fun hasNext(): Boolean {
                return true
            }

            override fun next(): String {
                return "hoge"
            }
        }
    }
}

Iteratorインスタンスを返す拡張関数を定義

class Hoges {
}

operator fun Hoges.iterator(): Iterator<String> {
    return object : Iterator<String> {
        override fun hasNext(): Boolean {
            return true
        }

        override fun next(): String {
            return "hoge"
        }
    }
}

hasNext、nextをプロパティとして定義

class Hoges {
}

operator fun Hoges.iterator() = this

operator fun Hoges.hasNext(): Boolean {
    return true
}

operator fun Hoges.next(): String {
    return "hoge"
}

メンバとして定義するのでも良いと公式ドキュメントに記載があったもののそれはどうやればいいのかわかりませんでした。。。

従来のJavaのようにIterableを実装するだけでなく、拡張関数としても定義しても良いというのがKotlinらしいですし、
拡張関数ならばライブラリとして提供されていて自分でIterableを実装できないクラスでもfor inに対応できます!

ですが、従来式のIteratorを実装するほうがIntelljIDEAのサジェストで何を実装すればいいのかわかりやすいため個人的にはそちらの方がおすすめです。

参考
https://kotlinlang.org/docs/reference/control-flow.html#for-loops

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした