Edited at

ローカル環境で、エラー管理Webアプリ「Errbit」を構築してみた

More than 5 years have passed since last update.


経緯

これまでメールでのエラー管理をしてきたが、24時間365日、

私が確認できる訳ではないので、別の方法を模索してきた。

サーバの監視にZabbixを利用しており、Zabbix_senderを利用できるのでは!?とも思いつつ、

いろいろなツールを探してきたところ、ErrbitというWebアプリを見つけた。

"Errbit"で検索すると、herokuでのインストール方法ばかりだが、

ローカルインストールも可能と公式に載ってたので、まずはサーバのインストールを試してみた。


環境

OS X 10.9.2 / vagrant ( Debian-wheezy ) #OSのバージョンが違うので、修正。

ruby 1.9.3p194 (2012-04-20 revision 35410) [x86_64-linux]

Errbit http://errbit.github.io/errbit/


インストール

$ sudo apt-get update

$ sudo apt-get install mongodb

$ sudo apt-get install libxml2 libxml2-dev libxslt-dev libcurl4-openssl-dev

$ sudo gem install bundler

と、ここまでは公式ドキュメントどおり。

次の箇所でこけた。

$ bundle install

(中略)
An error occurred while installing therubyracer (0.12.0), and Bundler cannot
continue.
Make sure that `gem install therubyracer -v '0.12.0'` succeeds before bundling.

gem updateしてなかった(忘れてた)からなのか不明ですが、

therubyracer -v '0.12.0'を入れろ、と怒られた。

$ sudo gem install therubyracer

としたら、今度はg++がなくて、makeができない!と><

$ sudo apt-get install g++

$ sudo gem install therubyracer
$ bundle install

よし、通った。

$ bundle exec rake errbit:bootstrap

Copying example config files...
-- Copying config/config.example.yml to config/config.yml
-- Copying config/deploy.example.rb to config/deploy.rb
-- Copying config/mongoid.example.yml to config/mongoid.yml

Seeding database
-------------------------------
Creating an initial admin user:
-- email: ****@*******
-- password: ******

Be sure to change these credentials ASAP!

すると、emailとpasswordが表示されます。

ログイン時に必要なので、メモをしておいて下さい。

$ bundle exec script/rails server

=> Booting WEBrick
=> Rails 3.2.17 application starting in development on http://0.0.0.0:3000
=> Call with -d to detach
=> Ctrl-C to shutdown server

これで、IP:3000でアクセスすればWebから操作が可能になります。


WEBrickエラーの対応

ちょっとWebで操作をしていたら、ターミナルに以下のエラーがたくさんw

WARN  Could not determine content-length of response body. Set content-length of the response or set Response#chunked = true

調べたところ、Ruby 1.9.3で出るエラーとのこと。

Ruby1.9.3のWebrickで出るCould not determine content-length...エラーを消す方法(2.0.0では解決済)

パッチを当てれば直るようですが、取り敢えず今回は放置で。


プラグイン

flippa/errbit-php

emgiezet/errbitPHP

こちらはこれから要検証。これが使えたら幅が広がるな。