Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS SAAテスト対策ノート:暗記すべき数値一覧

AWSソリューションアーキテクトの勉強ノート。
暗記すべき数値の一覧を自分なりにまとめてみた。

関連ページ:AWS SAAテスト対策ノート:一問一答集&試験に出るポイントまとめ

カテゴリ 内容 数値
VPC リージョン辺りのMaxVPC数 デフォルト5(100まで緩和可)
VPC毎のMaxSubnet数 200
VPCに設定可能なCIDR範囲 /16~/28
ストレージ 以下のスループット(秒)・IOPS
a.汎用SSD
b.スループット最適化HDD
c.プロビジョンドIOPS
d.Amazon FSx
e.EFS

a. 250MB/16000
b. 500MB/500
c. 1GB/64000
d. 2GB/数百万
e. 10GB/50万
EC2 スケジュールドリザーブドインスタンスの最低利用時間 年間1200時間
※ 1200/365✕24≒14%
1つのインスタンスにアタッチできるIAMロール数 1
RDS 自動バックアップの保持期間 35日
S3 STANDARDの可用性・耐久性 99.99%・99.999999999%
STANDARD-IAの可用性・耐久性 99.9%・99.999999999%
ONEZONE-IAの可用性・耐久性 99.5%・99.999999999%
最大ファイルサイズ 5TB
1回のPUTでの最大サイズ 5GB
S3 Glacier 最小保存期間 90日
「迅速」の取得時間 1~5分
「標準」の取得時間 3~5時間
「大容量」の取得時間 5~12時間
最大ファイルサイズ 40TB
S3 Glacier Deep Archive 最小保存期間 180日
「標準」の取得時間 12時間以内
「大容量」の取得時間 48時間以内
ELB デフォルトのヘルスチェック間隔 30秒
デフォルトのアイドルタイムアウト 60秒
AutoScalingのデフォルトクールダウン期間 300秒
Route53 デフォルトのヘルスチェック間隔 30秒
IAM 1アカウントで作成できるMAXユーザー数 5000
1アカウントで作成できるMAXグループ数 300
1ユーザーが所属可能なMAXグループ数 10
Lambda 一時ボリュームの最大サイズ 512MB
最大同時実行数 1000
最大実行時間 15分
関数レイヤストレージ最大サイズ 72GB
DynamoDB 1RCUの性能 4KBを1秒間に2回読み込み可
1RCUの性能(強力な整合性) 4KBを1秒間に1回読み込み可
1WCUの性能 1KBを1秒間に1回書き込み可
SQS キューの最大サイズ 256KB(緩和して2GBまで増やせる)
キューのデフォルト保持期間 4日間
キューの最大・最小保持期間 60秒~14日
1APIあたりの最大メッセージ数 10
可視性タイムアウトデフォルト値 30秒
CloudWatch メトリクスの間隔(通常) 5分間
メトリクスの間隔(詳細) 1分間(有料)
CloudWatch Logs エージェントからログデータが送信されるデフォルト間隔値 5秒
Kinesis ストリームのアクセス可能時間 デフォルト24時間・最長7日間
タグ キー・値の最大文字数 UTF-8で、128文字と256文字
1リソースがアタッチできる最大数 50

※他に覚えていたほうが良い数値があればコメント欲しいです!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした