Help us understand the problem. What is going on with this article?

ServiceNow 開発者向けインスタンスに公式パッチを当てる

More than 3 years have passed since last update.

ServiceNowインスタンスのバージョンには、ABC順に名付けられた大きなバージョン(HelsinkiやIstanbulなど)と、その中の小さなバージョン(Istanbul Patch1やIstanbul Patch6など)がある。
大きなバージョンはファミリー(Family)と呼ばれており、ファミリーが変わるアップデートをアップグレードファミリーが変わらないアップデートをパッチと言う。

本記事ではServiceNow開発者向けインスタンスのパッチを扱う。
開発者向けインスタンスではあまり気にすること無くパッチをあてても良いとは思うが、色々スクリプトを組んだアプリケーションを開発しているのであればしっかりチェックしつつ行うことを推奨する。
(実環境での手順はこちらのサイトが参考になる)
インスタンスのビルドタイプはIstanbul。
アップグレードに関しては次の記事に記載している。

1. パッチの修正内容を確認する

公式が出しているパッチの修正内容を確認し、既存の実装に影響がないことを確認する。
URL(2017年6月時点):https://docs.servicenow.com/

【確認手順】
ファミリーを選択する。
image.png

リリースノートを選択する。
image.png

Available versionsを選択する。
image.png

パッチの一覧が表示されるので、目的のパッチを選択する。
image.png

修正内容が確認できる。
image.png

修正内容は毎回とても多いので、頑張って読もう...

2. パッチにより影響を受ける機能を特定し一覧化しておく

1の作業の中で、影響を受ける機能を特定し一覧化しておく。
リリースノートの「Affected plugins」に仕様中のプラグインがあれば特に注意しておく。

3. パッチをあてる

ServiceNow Developersのインスタンスページを開く(要ログイン)
image.png

Action -> Upgrade Instanceを選択する。
image.png

確認メッセージが表示されるので「YES」ボタンをクリックする。
image.png

暫く待つ。
image.png

image.png

このときアドミンでログインすると進行状況を確認できる。
image.png

その他 - パッチ計画チェックリスト -

公式Wikiにあったので日本語翻訳(実環境での手順なので、必要に応じて読み替えが必要)

元ページ:ServiceNow Wiki - Patch Planning Checklist -

# 作業内容 YES NO N/A
    コメント    
1 Patching Best Practicesを確認する
2 リリースノートなどを確認する
3 重要な機能に関するチェックリストを作成する
4 クローン環境(検証環境)を作成する
5 クローン環境にパッチをあてる
6 クローン環境でテストを行う
7 本番インスタンスにパッチをあてる
8 本番インスタンスでテストを行う
9 (任意)反省会を開き、手順などを話し合う

関連記事

参考サイト

『ServiceNow Wiki』
http://wiki.servicenow.com/
『ServiceNow Istanbul Release Notes』
https://docs.servicenow.com/bundle/istanbul-release-notes/page/release-notes/r_AvailableVersions.html
『ServiceNow Wiki - Patching Best Practices -』
http://wiki.servicenow.com/images/e/ed/ServiceNow_Patch_Planning_Checklist.pdf
『Skip the Line – Upgrade to Istanbul Sooner』
https://express.servicenow.com/support/skip-line-upgrade-istanbul-sooner/

Kisaragi13
東京都内で主にSaaS、PaaSクラウド関連のシステム開発に携わっています。 近頃は昔みたいにがっつり書かなくても結構良い感じに動くので、ノンコーディング周りの知識が無いと開発ペースで差を付けられます。 Qiitaはプログラミング関連であるので場違い感ありますが、自分なりのノウハウを書いていければなぁと・・・
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away