Help us understand the problem. What is going on with this article?

AWS CognitoのGo SDKを使ってみた

AWS cognitoのドキュメントに関する自分用メモです。
サンプルコード

*管理者権限を使用するにはAWS CLIによる認証情報の設定が必要です。詳しくはこちらを参照してください。

サインアップ

AdminCreateUser

管理者権限でユーザーを作成。
ユーザー名と、電話番号またはメールアドレスのどちらか一方を設定。
ユーザーはSMSやemailにより一時パスワードを与えられる。
ユーザーはFORCE_CHANGE_PASSWORD状態になり、初回signin時にパスワードを変更する必要がある。
DesiredDeliveryMediumsで一時パスワードをSMSとemailのどちら(または両方)に送信するか設定可能。
TemporaryPasswordで一時パスワードを指定可能。指定しなかった場合はcognitoが自動生成。

SignUp

通常権限でユーザーを作成。
ユーザー名、パスワード、電話番号またはメールアドレスのどちらか一方を設定。
ユーザーはUNCONFIRMED状態になり、有効化するために認証が必要。
認証リンク or コードがSMS or EMAILでcognitoから送信される。
認証方法はcognitoのユーザープール作成時の設定に依存する。

認証

AdminConfirmSignUp

管理者権限により、リンクやコードによる認証を無視して認証を許可する。

ConfirmSignUp

SignUp後、コードによる認証に使用する。

サインイン

AdminInitiateAuth

一般的なサインイン。
AccessToken、ExpiresIn、IdToken、RefreshTokenが返ってくる。

InitiateAuth

Adminの場合と同じ。

削除

AdminDeleteUser

管理者権限によりユーザーを削除。

DeleteUser

通常権限でユーザーを削除。
サインイン時に取得できるAccess Tokenが必要。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away