Help us understand the problem. What is going on with this article?

【AWSメモ①】EC2インスタンス作成からSSHログインまで

環境

・windows 10 Pro 64bit
・Tera Term (ホスト接続用)

リージョンの設定

コンソールにログイン後、リージョンを「アジアパシフィック(東京)」に変更

インスタンスの作成

Amazon マシンイメージ(AMI)

一番上の「Amazon Linux AMI (HVMタイプ)」を選択。

補足:「Amazon Linux 2 LTS」は Amazon Linux の後継OS

インスタンスタイプの選択

AWS 無料利用枠の対象の「t2.micro」を選択。

補足:「t2.micro」インスタンスは最初の 12 か月間は、毎月最大 750 時間のマイクロインスタンスを利用できる。

インスタンス詳細の設定

初期設定のまま「作成」ボタンを押下。

キーペアの作成

「作成」ボタンを押下すると、キーペアの設定画面が表示されるので、「新しいキーペアの作成」を選択する。

キーペア名を入力後、「キーペアのダウンロード」ボタンを押下してキーファイルをダウンロードする。
ダウンロードが完了したら「インスタンスの作成」ボタンを押下する。

インスタンスの作成完了後、「インスタンスの表示」ボタンを押下する。

セキュリティグループの作成

※ 後の手順でSSH接続で行うためパブリックDNSを控えておく。

作成したインスタンスの名前変更後、「launch-wizard-1」を押下する。

「アクション」ボタンを押下して、「インバウンドのルールの編集」を押下する。

「ルールの追加」ボタンを押下して、HTTP接続のルールを追加する。
追加が完了したら「保存」ボタンを押下する。

サーバー接続

Tera Term を使用して接続する。
ホスト名に パブリックDNS を入力して、TCPポートが22(SSH)になっていることを確認後、「OK」ボタンを押下する。

SSH認証ウィンドウのユーザー名の欄にユーザー名(初期ユーザーは ec2-user)を入力。
「RSA/DSA/ECDSA/ED25519鍵を使う」にチェックを入れる。
「秘密鍵」ボタンを押下して、キーペア作成手順で作成した秘密鍵を選択する。
ユーザー認証に必要な入力を終えたら「OK」ボタンを押下する。

EC2インスタンス へ接続完了。



Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away