Help us understand the problem. What is going on with this article?

【AWS メモ⑤】VPC Peering を使用して VPC 間の EC2 同士を接続する

More than 1 year has passed since last update.

仕事で使う機会があったので備忘録的なものを残しておく。

VPC Peering でできること

・異なるVPC間を直接接続することができる。(VPC同士を直接接続する技術なのでVPC間の接続にEC2にパブリックIPを割り振る必要がない)

・アカウントが異なる場合にも接続できる。(アカウントが異なる場合、ペアリング認証時に接続先 VPCのアカウントでの承諾する必要)

・複数のVPCとの接続ができる。

VPC Peering でできないこと

・CIDRが一致または重複するVPC間の接続はできない。

・ペアリング先のVPCがペアリングしているVPCに直接接続はできない。

 → 接続するには、VPC-AからVPC-Bへ接続後、VPC-Cへ接続する必要がある。(NAT等も同様)

環境

以下の条件の AWS 環境で VPC Peering を確立する。

・VPC は VPC-A と VPC-B の二つ

・VPC-A 、VPC-B はそれぞれ subnet-a、subnet-b サブネットを持ち、EC2が1台ずつ起動している

・subnet-a には クライアント端末からの SSH 接続のみ有効とするセキュリティグループを設定

・subnet-b には 全ての接続を遮断するセキュリティグループを設定(のちにsubnet-aからの接続のみ許可する設定を付与)

イメージ
VPC_Peering_1.png

VPC Peering の作成

サービスから VPC を選択して、 VPC画面遷移後、左端のメニューから 「ピアリング接続」を選択する。
VPCPeering_setting_1.png

「ピア接続の作成」を押下する。
VPCPeering_setting_2.png

ボタンを押下すると、ピア接続作成画面に遷移するので、

各項目に設定値を入れていく。

・ピア接続ネームタグ・・・EC2などにあるTagを同じ

・VPC(リクエスタ)  ・・・VPC間の接続許可を申請する側のVPC(ここではVPC-Aを設定)

・アカウント    ・・・許可する側のアカウント

・リージョン    ・・・今回は同じリージョンなので「このリージョン」を選択

・VPC(アクセプタ)  ・・・VPC間の接続を許可する側のVPC(ここではVPC-Bを設定)

設定完了後、「ピア接続の作成」を押下する。
VPCPeering_setting_3.png

接続の作成が完了すると、承諾待ちのピア接続が作成される。
VPCPeering_setting_4.png

アクションタブから「リクエストの承諾」を選択するとピア接続が確立する。
VPCPeering_setting_5.png
VPCPeering_setting_6.png
VPCPeering_setting_7.png

VPC-Aのルートテーブルには、送信先に VPC-BのCIDRを入力。
ターゲットには VPCペアリング接続を選択(Peering Connectionを選ぶとペアリングの候補がでる)
VPCPeering_setting_8.png

VPC-Bのルートテーブルには、送信先に VPC-AのCIDRを入力。
VPCPeering_setting_9.png

次に、subnet-bに設定されているセキュリティグループに VPC または subnet からの接続を許可する設定を行う必要がある。
なるべく細かくした方がいいと思うのでsubnet 単位で設定。
VPCPeering_setting_10.png

接続の確認

インターネットからの接続ができる VPC-A の EC2 に接続

# 作業端末から接続
$ ssh -i access.pem ec2-user@<EC2-AのパブリックIP>

VPC-Aの EC2 から VPC-B の EC2 に接続

# EC2-AからEC2-Bへの接続
$ ssh -i access.pem ec2-user@<EC2-BのプライベートIP>
Kento75
クラウドエンジニア崩れのサーバーサイドエンジニア ①FE、AWS SAA持ち ②SpeakerDeck(https://speakerdeck.com/kento75)
https://overreact.tk
dmmcom
総合エンタテイメントサイト「DMM.com」を運営。会員数は2,900万人を突破。動画配信、FX、英会話、ゲーム、太陽光発電、3Dプリンタなど40以上のサービスを展開。沖縄での水族館事業参入、ベルギーでのサッカークラブ経営など、様々な事業を手掛ける。また2018年より若手起業家の支援を強化、「DMM VENTURES」による出資や、M&Aなどを積極的に展開している。
https://dmm-corp.com
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした