2
Help us understand the problem. What are the problem?

More than 1 year has passed since last update.

posted at

updated at

世界一と噂されるCARDANOのステークプールを立てる ~ TestNet セルフノード編 #インストール

こんにちは!
サトー@CARDANOステーキングプールです。今日は、「セルフノードのインストール」について書いていきます。

(注)「世界一と噂されるCARDANOのステークプールを立てる ~ TestNet セルフノード編」の 記事は、次の記事で構成されています。

  1. 世界一と噂されるCARDANOのステークプールを立てる ~ セルフノードのインストール
  2. 世界一と噂されるCARDANOのステークプールを立てる ~ セルフノードの起動
  3. 世界一と噂されるCARDANOのステークプールを立てる ~ アドレスの設定
  4. 世界一と噂されるCARDANOのステークプールを立てる ~ 送金トランザクションの実行
  5. 世界一と噂されるCARDANOのステークプールを立てる ~ ステークプールの作成

1.はじめに

2019年10月18日現在、カルダノは、カルダノネットワークを分散化するためのステップとして「Shelley(シェリー)」の開発を行っています。
「Shelley(シェリー)」は、以下の3段階のマイルストーンが設定されています。
 ・セルフノードの実装とホスティング
 ・ネットワークテスト
 ・インセンティブステージ
今回は、「セルフノードの実装とホスティング」のステップにおける「セルフノード」のインストールについて実践した結果をまとめました。

環境
OS:Windows10 Pro
Ubuntu VERSION: 18.04.3 LTS (Bionic Beaver)

2.具体的な手順

2-1.rustupをインストール

公式サイトにアクセス
https://www.rust-lang.org/tools/install

2019-10-19_23h04_24.png

公式サイトに記載のコマンドをubuntuで実行

curl htcurl https://sh.rustup.rs -sSf | shtps://sh.rustup.rs -sSf | sh

途中3つの選択肢がでる。1)Processed with installation (default) を選択した。
2019-10-20_11h18_35.png

インストールが完了したら、環境変数の設定を行います。
2019-10-20_11h26_32.png

インストールができているか、バージョンを確認します。
2019-10-20_11h28_45.png

rustup install stable を実行
stable:リリース版
beta:ベータ版(nightly でのテスト完了)
nightly:開発版(最新)
2019-10-20_11h38_48.png

rustup default stable を実行
リリース版をデフォルトで使用。
2019-10-20_11h56_54.png

2-2.リポジトリのクローンを作成

sudo apt updateを実行してリポジトリ一覧を更新する。
2019-10-20_12h43_20.png

リポジトリをクローン

git clone --recurse-submodules https://github.com/input-output-hk/jormungandr

2019-10-20_12h44_55.png

2-6.jormungandrをインストール

・開発に必要なビルドツールをインストールします。
(ソースからインストールする場合には必要)

sudo apt install -y build-essential libssl-dev

jormungandrフォルダに移動してから、jormungandrをインストール

cd jormungandr
cargo install --path jormungandr

2019-10-20_12h52_26.png

インストールには、PCのスペックにより、数分かかります。

インストール中に、’failed to run custom build command for openssl-sys’というエラーがでた場合の対処方法は、次を参考にしました。
【参考】https://qiita.com/nacika_ins/items/465e89a7b3fbeb373605

2-7.jcliをインストール

jcliは、ノードのセットアップやノードの状況を確認したりする際に手助けとなるツールです。


cargo install --path jcli

2019-10-20_13h25_44.png

3.最後に

今回は、カルダノ ブロックチェーン 「セルフノード」のインストールについて実践した結果をまとめてみました。ブロックチェーンは、オープンソースで公開されているプロジェクトが多いです。尚、最初に私が実行したjormungandr のバージョンはv0.3.3でしたが、v0.6.5(2019/10/18 現在の最新)でも動作確認ができました。

<参考記事>
https://github.com/input-output-hk/jormungandr
※現在は、ネットワーク化のステップについて開発が進められています。今回、実行したセルフノードに関する記事は削除されています。(2019/10/18 現在)

(注)「世界一と噂されるCARDANOのステークプールを立てる ~ TestNet セルフノード編」の 記事は、次の記事で構成されています。

  1. 世界一と噂されるCARDANOのステークプールを立てる ~ セルフノードのインストール
  2. 世界一と噂されるCARDANOのステークプールを立てる ~ セルフノードの起動
  3. 世界一と噂されるCARDANOのステークプールを立てる ~ アドレスの設定
  4. 世界一と噂されるCARDANOのステークプールを立てる ~ 送金トランザクションの実行
  5. 世界一と噂されるCARDANOのステークプールを立てる ~ ステークプールの作成
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Sign upLogin
2
Help us understand the problem. What are the problem?