GoogleAnalytics
redash

Google Analyticsの情報をダッシュボード「Re:dash」で可視化する

More than 1 year has passed since last update.

追記

Re:dashのデータソースとしてGoogle Analyticsが正式に追加されるようです。リリースされた暁には、本記事にあるような面倒な手順を踏む必要はなくなりそう?

re:dashのGoogle Analyticsデータソースを試す


初めに

Re:dashはオープンソースで提供されている、ダッシュボードツールです。サーバー構築の手間はかかりますが、超簡単にさまざまなデータソースから、自由にダッシュボードが作れるようになります。

今回は、おなじみGoogle Analyticsの情報を、Re:dashでダッシュボード化する方法を解説します。

追記

twitterを見ていて。

Treasure Dataでは、GAのレポートを突っ込む方法があるようです。
http://blog-jp.treasuredata.com/entry/2016/09/13/163306

Google BigQueryでも、GAのプレミアムアカウントなら、GAの生データをBigQueryでいじれるそう。そういえばFirebase Analyticsもそういう事できるって聞いた気が。
https://support.google.com/analytics/answer/3416091?hl=ja

すでにそういったビッグデータソリューションを使っていたり、プレミアムにお金かけれるなら、上記の手段が良さそうですね。やっぱり統合してデータ管理したいですし。

この記事は、そんなことよりサクッとやってみたい、という人向けです。

何が良いのか

最近では、Google BigQueryとか、Treasure Dataのようなサービスを使った分析が流行っていますが、結局Webの世界にいたらGoogle Analyticsは切っても切り離せないよね、という。

でも複数のサービスをまたがって数値みるの面倒だから、最近流行りのダッシュボードツールにGAの数値も集約しましょう、ということです。

仕組み

Google Analyticsの情報を、Re:dashで直接表示する方法は提供されていません。

ただ、Re:dashはデータソースにGoogleスプレッドシートを使う仕組みがあるので、今回はそれを活用して

Google Analytics => Googleスプレッドシート => Re:dash

という形でダッシュボードにします。

手順

Google Analytics => Googleスプレッドシート

Googleスプレッドシートには、Google Analyticsのデータをレポーティングするアドオンが用意されています。まずは、「アドオンの取得」から、そのアドオンをインストールしましょう。

1.png

これですね。すでにダウンロードしてしまってたので覚えてないですが、「+無料」というボタンを押すと使えるようになるはずです。

2.png

上記手順を実施すると、「アドオン」メニューにGoogle Analyticsが追加されているはずです。そこから「Create new report」を選択しましょう。

3.png

するとサイドバー(?)に設定メニューがでてきます。アカウントを選択して、試しにDailyのpageview遷移をレポートしてみます。

4.png

すると、「Report Configuration」というシートが作成されます。ここの情報を元に、実際のレポートが作成されます。ここのセルの値を書き換えると、レポートされる内容も変わりますが、変な値を書き換えてしまうと動かなくなるのでご注意を。「Last N Days(何日前の値まで取得するか)」くらいはいじっても良いと思います。

ちょっとしたテクニック的な話をすると、この「Last N Days」や「Start Date」の所にスプレッドシートの関数(DAY()とか)を突っ込んで、見たい範囲の数字がきれいに見えるようにしています。

5.png

ここまでできたら、レポートを実行します。

6.png

すると、以下のようなシートが出力されます。ちなみに個人のQiitaのPVデータです。

7.png

ここまででレポートは終わりなのですが、Re:dashに渡すために少々工夫が必要です。Re:dash <=> スプレッドシートの連携はあまり自由度がなく、スプレッドシートの「A1」番地からしかデータを読んでくれません。

そこで、1行目をラベル、それ以降にデータを配置するような、下記のシートを作成します。この辺りは、先のシートからスプレッドシートの関数やら何やらでいい感じに持ってくると良いです。

15.png

ここまでで、Google Analytics => スプレッドシートの連携は完了です。

Googleスプレッドシート => Re:dash

まずはじめに、スプレッドシートのデータに外部サービス(Re:dash)からアクセスするための、鍵を生成する必要があります。下記の記事が詳しいので、これを元にGoogle Developer ConsoleからJSONファイルを取得しましょう。

オープンソースのデータ可視化ツールのre:dashでらくらく分析共有 その3 〜 Google Spreadsheets編

それが完了したら、Re:dash側でスプレッドシートのデータソースを作成します。Typeを選択して、先のJSONファイルをアップロードするだけで完了です。

8.png

ここで一度スプレッドシート側に戻り、共有設定を行います。先で作成したJSONファイル(アクセスキー)は、ある意味1つのユーザーとして扱われます

JSONファイルの中に、「client_email」というkeyがあるのですが、ここに記載されているメールアドレスに対して、スプレッドシートを共有します(権限は閲覧者でOK)。

この手順を忘れると、Re:dash側でエラーが出ないけどデータが取れないというしんどい感じになります。

9.png

ここまで終われば、あとはRe:dash側でデータを読み込むだけです。データソースをスプレッドシートに指定して、クエリ欄には

スプレッドシートID|シートID

を記載します。スプレッドシートIDは、スプレッドシートのURLにある文字列。シートIDは、見えないのですがシートの順番です。この手順でいくと、2(0から始まるので3番目)のシートにデータがあるはずです。

12.png

あとは実行するだけで、このように簡単にビジュアライズできます。

11.png

定期レポート

このままでは、スプレッドシート側のレポートを自動的に更新する必要があるので、定期レポートの設定をします。

アドオンのメニューから「Schedule reports」を選択し

13.png

あとはご自由にいい感じに設定してください。

14.png