Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
4
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@Kaz_akao

AWS RDSへのデータインポート

今回は、前回作成したAWS上のRDSにCSVデータのインポートを行った際の手順を以下に記載します。

前提

・前回作成したEC2インスタンスとRDSが起動されていること
・RDBにインポートしたいCSVファイルを作成されていること(※文字コードはUTF8であること)

CSVファイルをEC2に転送

① 前回作成したEC2インスタンスのパブリックIPアドレスをコピーしておきます。
EC2インスタンス
② 次に、rLoginで接続情報の設定を行い、EC2に接続します。(ここでは、rLoginを使用していますが、Tera Term等の他のターミナルソフトでも構いません。)
rLoginサーバ設定
rLoginクリップボード
③ EC2インスタンスに接続できたら、CSVファイルを格納するディレクトリを作成します。また、作成したディレクトリに移動します。

$ pwd
/home/ubuntu
$ mkdir csv
$ cd csv
/home/ubuntu/csv

④ rLoginのツールバーにある「転送」ボタンを押下します。
転送ボタン
⑤ 転送ダイアログが表示されますので、対象ファイルをドラッグして転送します。
転送ダイアログ
転送矢印
image-20200813160731100.png
⑥ EC2インスタンスにCSVファイルが転送されたことを確認します。
転送確認
以上で、EC2インスタンスへのCSVファイルの転送は終了です。

EC2インスタンスにMySQLクライアントをインストールし、RDSのMySQLデータベースに接続

① 以下のコマンドでMySQLクライアントをEC2インスタンスにインストールします。

$ sudo apt install mysql-client-core-5.7

インストール時に、"E:Unable to correct problems, you have held broken packages. "というエラーメッセージが表示された場合は、以下のコマンドを実行後、再度インストールを実行してください。

$ sudo apt-get autoclean
$ sudo apt-get clean all
$ sudo apt-get update

② RDSに作成したMySQL DBインスタンスのエンドポイントをコピーします。
RDSエンドポイント
③ 以下のコマンドでMySQLデータベースに接続します。

$ mysql -h RDSエンドポイント -P 3306 -u admin -p
Enter password: RDS作成時のパスワード

DB接続
以上で、MYSQLデータベースに接続できました。

データベース、テーブルを作成し、CSVを取り込む

① 以下のコマンドでデータベースを作成し、使用するデータベースを選択します。

mysql> CREATE DATABASE データベース名 DEFAULT CHARACTER SET utf8mb4;
mysql> use データベース名;

DB作成
② 続いて、テーブルを作成します。
tbl作成
③ テーブルを作成したら、EC2のCSVフォルダに転送したCSVファイルをMySQLデータベースに取り込みます。

$ load data local infile "/home/ubuntu/csv/ファイル名" into table テーブル名 fields terminated by ',';

データロード
以上で、RDSのMySQL DBインスタンスへのデータインポートが終了です。

株式会社メソドロジック
赤尾 一優 @Kaz_akao

4
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
methodologic
Methodologic技術ブログ

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
4
Help us understand the problem. What is going on with this article?