Help us understand the problem. What is going on with this article?

■Microsoft Power Virtual Agents をとりあえず使ってみた件

■はじめに

・PowerPlatformシリーズに新しくPower Virtual Agents (ノンプログラミングBot作成ツール)が追加されたので、とりあえず使ってみた(2019-12-23時点)
 ここでは、超簡単なチャートのBotを作成して、WEBからの呼び出し、Microsoft Temas への組み込みができるまでの手順を備忘録として残します
注)O365のアカウントが必要になるので事前に用意してください。

■■ここで出来るようになること

・"Power Virtual Agents"の基本的な使い方
・"Power Virtual Agents"をBotとしてMicrosoft Temasから呼び出す
注)機能的には別のPowerPlatformシリーズのアプリとの連携もできますがここでは説明しません

▲初投稿:2019-12-23

!!!重要事項!!!
・本件は無料版(60日試用)を使っています。本格利用にはOffice365とは別に下記の費用が必要になります

price

■やってみよう!

■■とりあえず実行してみよう

・Microsoft Power Virtual Agents サイトからログインします。 こちらから

・ログインすると下記の画面になるので、右上のロボットアイコンをクリック。次に”+New bot”ボタンをクリックします。
a0002.png

・Botの名前を入力。良ければ右下の”Create”ボタンをクリックします。しばらく待ちます

a0003.png

・Botの環境が出来ると下記画面になります。左のメニューから”Topic”メニューを押すと既に登録されているBotの一覧が出てきます

a0004.png

・既にサンプルがいくつか登録されています。新規でTopicを作成するには”+New Topic”ボタンを押します

a0005.png

・必要事項(Name、Description、Trigger phrases)を入力して、”Go to authoring canvas”ボタンをクリックします。
 Name:Topicの名前
 Description:Topicの説明
 Trigger phrases:このTopicを始めるワード
  ここでは”開始”or”スタート”と入力するとBotが実行するようにします

a0007.png

■■Botを作ってみよう

・今回は下記の様な、簡単な心理テストチャートのBotで作ります

a0008.png

・エディタ画面が起動すると下記の様にまずメッセージを入力するところが出てくるので、上記のチャートに従って入力します

a0010.png

・次に〇に+のボタンをクリックすると、次の動作のメニューが表示するので”Ask a question”をクリックします

a0011.png

・質問と選択肢を登録する画面が出てくるので、上記のチャートに従って入力します。各分岐は自動で作成されます
 Ask a question:質問内容
 Identify:”Multiple choice options”
 Options for user:今回選択肢が3つあるので、”+New Option”を使いながら選択肢を登録します

a0012.png

・condition下部から出ている〇に+のボタンをクリックして、次の動作のメニューを表示させて、回答を入力するので”Show a message”をクリックします

a0013.png

・上記を各選択肢毎に繰り返し、Messageに各々の回答内容を入力します
a0014.png

・Message下部から出ている〇に+のボタンをクリックして、次の動作のメニューを表示させて、終了をさせる”End the conversation" > ”End with survey"をクリックします

a0015.png

・上記を各選択肢毎に繰り返し、Endを登録します。最後に画面右上の”Save”ボタンを押して保存します

a0016.png

・保存が終わったら、画面左側のChatで動作確認することが出来るので試してみます

a0017.png

■■Webに公開してみよう

・動作確認が出来たらWeb化してブラウザから呼び出せるようしてみましょう
 左側メニューから”Publish”をクリックします。右側がPublish画面に変わります。この画面内の”Publish”ボタンをクリックすると公開用処理が完了します。できたかどうかを”Share Your bot”内の”demo website”のリンクをクリックします

a0018.png

・下記の様なWEBWebページが立ち上がって動作確認できます

a0019.png

■■Microsoft Teams から呼び出してみよう

・ 左側メニューから”Manager”>”Channels”をクリックします。右側がChannels画面に変わります。この画面内の”Microsoft Teams”をクリックします

a0020.png

・画面下部にある”Add”ボタンをクリックします

a0021.png

・"App ID"が生成されるのでそのIDをコピーします

a0022.png

・Microsoft Teams のチャット ユーザ で先ほどの"App ID"を入力して検索します。するとユーザーに作成したBotが出てきます

a0023.png

・Microsoft Teams 内で動作確認ができます

a0024.png

・他のPowerPlatformのツールと組み合わせると各種連携ができそうです(特にPower Automate)皆さんも色々と試してみてください!

■参考

・Power Virtual Agents documentation ・・・ こちら 
・Power Virtual Agentsの使用感を細かく見てみる ・・・ こちら 
・#PowerPlatform の新しいお仲間 Power Virtual Agents を触ってみた ・・・ こちら 

・Qiita(KSxRDevelop) ・・・ その他の情報はこちら 

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away