Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
2
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@KFTamang

sshでMacに入って遠隔にROOTを使うための設定

More than 1 year has passed since last update.

背景

メインのPCがiMacからMac miniに変わったところ、あまりの処理能力の低さにブチギレました。
研究室にはMac Proがあるため、計算力がほしい解析はそちらで行い、Mac miniはsshとYouTube専用とすることにしました。
sshに-Yオプションをつけることで、X11を持ちいてローカル側の画面にヒストグラムなどを描画することができます。これならばネットワークの帯域を食う画面共有を行う必要がありません。

ところがsshで入ってROOTからヒストグラムを描画させても、リモート側(Mac Pro)の画面に描画されてしまい、ローカルで見れません。
以下はその解決までの手順です。

環境

ローカル側
Mac mini(late 2014)
Mac OSX High Sierra 10.13.4

リモート側
Mac Pro(late 2013)
Mac OSX High Sierra 10.13.4

原因と対策

  • sshでうまくX11トンネリングができていない
    リモート側の/etc/ssh/sshd_configのX11Forwading, X11DisplayOffset, X11UseLocalのコメントアウトをはずして値を設定する。
    ローカル側の/etc/ssh/ssh_configのxauthのパスを確認する。

  • brewで入れたリモート側のROOTはX11に対応していない
    ソースをダウンロードしてきてビルドし直す。
    cmakeのオプションで-Dcocoa=OFF -Dx11=ONを設定する。

結末

オプションをつけてビルドしたところ、無事にssh経由で描画できるようになった。

追記

vscodeもリモートで使えるようにした。
http://carrinova.com/vscode_xserver_remote_edit/

参考

X11のトンネリング
https://stackoverflow.com/questions/39622173/cant-run-ssh-x-on-macos-sierra

ROOTのビルド
https://root.cern.ch/building-root

2
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
KFTamang

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
2
Help us understand the problem. What is going on with this article?