LoginSignup
9

More than 3 years have passed since last update.

PHP/Laravelでチケット購入サイトのポートフォリオを作ってみた!

Last updated at Posted at 2019-11-29

タイトル:渋谷ST劇場チケット販売サイト
製作期間:1ヶ月
開発環境:AWS Cloud9、PHP 7.2.22、Laravel Framework 5.8.35、Bootstrap v4.3.1、

①作成した目的
Webエンジニアとして活動したく、PHPとLaravelを学習。
その一環で、ポートフォリオを作成。

ショッピングサイトやチケット購入サイトを利用することが多く、
自分でもECサイト関連を作ってみたいと思った。

②実装した機能


  • 申し込み前の確認画面
    申込処理の前に、確認画面を表示。
    また、チケットの金額・枚数に応じて合計金額を表示できるように。
    合計金額の計算処理は、OrderモデルのgetPriceInfoにて行う。
    OrderController.php
    $priceInfo = Order::getPriceInfo($form['price'], $form['number']); 
    
    Order.php
    
        const COM = 110; //手数料
    
        public static function getPriceInfo($price, $number) {
            $com = self::COM; //手数料
            $price = $price * $number; //チケット代金×枚数
            $com_total = self::COM * $number; //手数料×枚数
            $payment = $com_total + $price; //合計金額
            return compact('com', 'price', 'com_total', 'payment');
        }
    
    


  • メール自動送信機能
    Gmailを利用して、申込確認メールとパスワードリセットメールを送信できるようにした
    デフォルト 2019-12-01 17.26.58.png
OrderController.php
Mail::send(['text' => 'mail.text'], $data, function($message){ $message->to(Auth::user()->email)->subject("申込確認メール"); }); //確認メール送信

管理画面・管理者権限(is_admin)
管理画面はis_adminを利用して、管理者ユーザのみ閲覧できる様に設定
・管理画面
デフォルト 2019-12-01 15.40.05.png
・チケット一覧画面
デフォルト 2019-12-01 15.40.34.png
・チケット作成画面(編集画面も同様)
デフォルト 2019-12-01 15.40.57.png
・会員一覧画面
デフォルト 2019-12-01 15.41.18.png
・会員別の注文履歴画面
デフォルト 2019-12-01 15.41.24(2).png
注文の取消を行うと、元のページへのリダイレクトに失敗してしまう為、対象のユーザーの画面に戻るようURLの後ろに[?id='.$user_id]をGETで渡せるようにした。
UserController.php
public function cancel(Request $request)
    {
        $order = Order::find($request->id);
        $user_id = $request->user_id;
        $order->delete();
        return redirect('admin/user/order?id=' . $user_id);
    }

トランザクション処理
DB::transaction を使って実装。
OrderController.php
        DB::transaction(function() use ($order)
        {
            Ticket::find($order->ticket_id)->decrement('stock', $order->number);
            $order->save();
        });

「use Illuminate\Support\Facades\DB;」の設定を手動で入れた。


③苦労した点


  • 申し込み処理前の確認画面
    確認画面(confirm)の処理で、どのように受付画面(index)からの値を受け取るか悩んだ。(調べても例が少なかった)
    inputタグのhidden型を使って、隠しデータとして送信する仕組みにした。
confirm.blade.php
<input type="hidden" value="{{ $form['ticket_id'] }}" name="ticket_id" />

トップ画面(index)のデザイン
Bootstrap4を活用してレシポンシブデザインにしたが、レイアウトを崩さず表示できるように整えるのに時間掛かった。

④ソースコード・制作前のアイディア図
いち機能実装ごとにコミットしてある。
https://github.com/masahiro-111/ticketsite001
制作前のアイディア図
IMAG1247.jpg

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
What you can do with signing up
9