Android
AndroidSDK
Unity入門
sdkmanager

[Unity初心者Tips]SDKはここでした!AndroidでBuildする方法2018の10月版

Unityでスマホ向けにビルドしようとしたら何でかGoogleのAndroidSDKが見つからない人が多発して、ネットで探してもなんだか情報が古くて困るし、というのがあったので現時点(2018年10月10日)での最新の方法をお届けします。

用意するもの

Unity以外で以下が必要です。

  • AndroidSDK
    • Android向けに必要なもので、Googleから提供されている
    • AndroidStudioをインストールすると入っている(AndroidアプリをUnity以外で作ったことがあると入っている可能性あり)
  • JDK
    • Java言語に必要なもので、Oracleから提供されいる
    • JDKのサイトからダウンロードしていると入ってる(Java開発したことがあると入ってる可能性あり)

これらが在るか、わかってる人は、UnityでBuildする まで飛んでください。

AndroidSDKを用意する

数年前まではAndroidSDKを単体で提供されていましたがそれが無いため、最近はAndroidStudioを入れて、その中からSDKmanagerを呼び出す方法が迷いにくい方法になっています。AndroidStudioがインストールされている場合は、このステップを飛ばしてください。

AndroidStudioをダウンロード、インストールする

:one:まず、AndroidStudioを以下のサイトからダウンロードします。

AndroidStudioのサイト(https://developer.android.com/studio/)
AndroidStudioインストーラ.PNG
インストーラーはダウンロードフォルダなどにできてます。

:two:AndroidStudioのインストール

コンポーネントの選択

インストーラーを起動すると以下の画面が出ます。
AndroidStudioインストーラ1.png

VirtualDeviceを選ぶかを選べますが、そのまま[Next]でかまいません。

インストール先の選択

どこにインストールるかを変更できます。
AndroidStudioインストーラ2.png
特に問題がなければ、そのまま[Next]でかまいません。

インストールが始まる

HDに展開が始まります。この画面は、Detailボタンを押すと出ますが、出さなくても問題ありません。
AndroidStudioインストーラ3.png

終わると[Next]ボタンが押せるようになるので、押します。
AndroidStudioインストーラ4.png

インストールの完了

終わるとこの画面が出ます。☑のままにして、引き続きAndroidStudioを起動します。
AndroidStudioインストーラ5.png

AndroidStudioを起動、AndroidSDKを設定する

インストールされたAndroidStudioはコア部分だけで、必要なSDKをさらにダウンロードしていきます。

:one:AndroidStudioを起動

前の手順でインストーラからAndroidStudioが起動されます。☑を外して終了した場合は、STARTメニューなどから起動してください。
AndroidStudioアイコン.png

起動すると、設定のインポートをするかを尋ねられますが、初めての場合は在りませんから、そのまま[Do not import settings]を選んだ状態で[OK]を押します。
AndroidStudio起動1.png

:two:AndroidStudioのセッティング

初回起動時はAndroidStudioの設定が必要になります、Unityで使う場合はIDE部分は使わないので不要ですが、進めます。
起動直後の画面です。
AndroidStudio起動2.png
ここでは[Next]を押すのみです。

SDKインストールのパスを指定

AndroidSDK(これが欲しいもの)をインストールする場所を選択します。
AndroidStudio起動3.png
この画像の例では、Dドライブにインストールするように変更していますが、特に変更しなくても問題はありません。ただし、バージョンを複数持つと容量が肥大化する(数GB)ので、Cドライブを温存したい場合は、変えた方が得策なのでこうしています。

Emulatorのメモリ使用量の設定

UnityでBuildするだけの場合は用いませんが、Emulatorが利用するメモリ容量の設定です。
AndroidStudio起動4.png
そのままで[Next]を押して問題ありません。

設定の確認とダウンロード

ここまでの設定の確認画面です、HDの使用容量などが確認できます。
AndroidStudio起動5.png
この状態で[Finish]を押すと、ダウンロードが始まります。
AndroidStudio起動6.png
しばらくすると、終了します。
AndroidStudio起動7.png
これで初期設定が終了し、[Finish]を押すと、AndroidStudioが通常の状態で起動されます。

:three:AndroidSDKの設定

AndroidStudioからSDKmanagerを呼び出して、AndroidSDKを設定していきます。

SDK Managerの起動

初期画面の右下の[:gear:Configure]から[SDK Manager]を起動します。
SDKmanagerその1.png

利用するAndroidSDKを設定

SDKmanagerの画面です。
SDKmanagerその2.png
この画面では、利用するAndroidSDKを指定し、必要なものをダウンロードします。今回は4.1を追加しています。

:thinking:どのバージョンを入れるか
ここで全部すれば後から困らないですが、全部を入れるとかなりの容量になるので、時間とHDの無駄になります。必要なものだけ選んで入れましょう。今回はUnityで利用する前提で考えており、また、旧いターゲットでビルドしていれば新しいAndroidで動きますが、新しいターゲットでビルドすると旧いAndroidでは動きません。そうしたことを踏まえて、ここでは「Unityで選べて一番、旧いもの」と考えて、[Android4.1]にしました。今後、Unity側でサポートバージョンは変遷する可能性もありますので、その場合はここで変えていきましょう。

[OK]ボタンを押すと、差分が何かを確認されます。
SDKmanagerその3.png

さらに[OK]を押すと、差分のダウンロードが実行されます。これでAndroidSDKの準備は完了です。
ターゲットの変更が必要になったらまた、この手順を実施します。

JDKを用意する

AndroidではJavaで動いているので、Java開発で用いるJDKが必要になっています。

JDKをダウンロード、インストールする

:one:まず、JDKを以下のサイトからダウンロードします。

Java SE Development Kit 8 - Downloads
(https://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/jdk8-downloads-2133151.html)

画面の下の方の"Java SE Development Kit"で、Acceptを選び、Windowsx64をさらに選びます。
JDKダウンロード.png

:two:JDKのインストール

ダウンロードしたインストーラーを起動します。
特に指定できる部分はないので、ボタンを押して進めていきます。
JDKインストール.png
数分で完了します。

これでJDKは完了です。

UnityでBuildする

必要なデータがそろったら、UnityでBuildします。

:one:Preferenceの設定

メニューから[Edit]>[Preference]を選び、左にある[External Tools]を選びます。
Unity-Preference.png
ここまでてインストールしたAndroidSDKとJDKを、インストールしたパスに設定します。[Browse]ボタンから設定できます。一応、ここからもDownloadは可能です、その場合は、上記項目までのサイトが案内されるはずです。

:two:Build Setteings

[File]>[BuildSettings]を呼び出します。
Unity-BuildSettings.png
ここで、以下の操作をします。

  1. BuiidしたいSceneを設定し、最初にLoadしたいものを上に置く
  2. Androidのボタンを押す
  3. [Switch Platform]でAndroidへ切り替える
  4. この時、UnityでAndroidのサポートをインストールしていないと切り替えできず、インストールするかを尋ねてきます、未インストールの場合は指示に従ってインストール後、ここの手順から続けて下さい。

:three:Player Settings

[BuildSettings]ウィンドウの左下にある、[PlayerSettings]を押すと、エディタの右側に[PlayerSettings]ウィンドウが現れます。
Unity-PlayerSettings-com.png
[Company Name]は作った会社の名前(適当で大丈夫ですが既存にない自分の名前などにしましょう)、[Product Name]は製品名(適当で大丈夫です)を設定します。

下の方に在る[Other Settings]から、[Identification]をたどります。
Unity-PlayerSettings-OtherS.png
上記と同じ社名と製品名を入れて、さらにターゲットのAndroidのバージョンを指定します。[Minimam API Level]で設定してあるものが、SDK Managerに在るとBuildできます。

:four:Buildの実行

問題なければ、[Build Settings]からBuildボタンを押して、Buildを実行します。
Build.png
指定したフォルダに出来上がっていれば成功です。

が、実機に転送してテストしてください。これは、USBケーブルで転送したり、クラウドに上げてスマホでダウンロード、Bluetoothで転送など、色々な方法があります。

2回目以降で、他のバージョンのAndroidSDKを入る

SDK Managerを使って入れていきます。

Welcomeの初期画面からの場合

AndroidStudioで初期画面から進めていない場合は、こちらの画面が出ます。
初期画面の右下の[:gear:Configure]から[SDK Manager]を起動します。
SDKmanagerその1.png
続きの手順は以下になります。
SDK Managerの起動

AndroidStudioのプロジェクトを開いている場合

一度、プロジェクトを開いて起動した後は、Welcomeが出ません。
AndroidStudioのメニューから[File]>[Setteings]を選んで、settingsウィンドウからAndroidSDKを選んでください。
AndroidSDK.gif