C#
WPF
VisualStudio2017

VisualC#で自動補完を使わずにプロジェクト名やフォルダ構成を変更したときの復旧手順


はじめに

この記事は、WPFをVisualStudioExpress2017で開発したときのメモです。

普段は簡単な社内ツールをWPFで開発しています。

(ちなみに、Qiita初投稿です。練習中です。)


概要

VisualStudioでなんとなく開発を始めてしまうと、

プロジェクト名やフォルダ構成を変えたくなることがあります。

手動で変えた後に、参照や名前空間がおかしくなって怒られたので

どこを修正して動くようにしたのかメモを残すことにしました。


復旧手順


1. プロジェクト名と名前空間を変更する場合

名前空間の変更箇所は、次の3点


.xamlファイル(App.xaml以外)

"x:Class"をプロジェクト名に合わせる。


.xamlファイル(App.xaml)

"x:Class"と"xmlns:local"をプロジェクト名に合わせる。

(私は、xmlns:localの変更を忘れていて怒られた。)


.csファイル

namespaceディレクティブをプロジェクト名に合わせる。

VS2017では便利機能として、[右クリック]->[名前の変更]とすると

ソリューション内の同一文字列を一気に変更してくれる。


.slnファイルを移動する場合

.slnファイルのプロジェクト定義部分をエディタで編集する。


hoge.sln

/~~~省略~~~/

Project("{00000000-0000-0000-0000-000000000000}") = "ProjectHoge", "<ProjectHogeまでの相対パス>", "{00000000-0000-0000-0000-000000000000}"
/~~~省略~~~/


まとめ

思い付きで開発ツール作り始めても、いつでも修正できるとちょっと安心です。

配布用の綺麗なリリースフォルダを作成したり、slnファイルを別フォルダに移動したり

知ってしまえば意外と簡単に設定できるもんですね。