Vim
iTerm2
Terminal
iterm
alacritty

Alacritty!iTermより早いよ!

以前から入れてはいたが日本語入力に対応していなかったので使ってはいなかった。(fontいれると表示はできていた)

なにやらいつのまにか対応してる情報が入ってきたので再度触ってみました。


Alacritty 結論


  • 日本語入力中は表示されないのでちょっと待ち、できることはできる

  • 早い!!


iTerm2

iterm.gif


Alacritty

alacritty.gif

*右(l)キー押しっぱなしにしています

*両方とも実際もっと早いです、gifにしてるからかな、差だけわかれば。

*設定は同じです

キーボード.png


rust install

curl https://sh.rustup.rs -sSf | sh


選択肢がでた、とりあえずEnter

1) Proceed with installation (default)

2) Customize installation
3) Cancel installation

完了したっぽい。

This path will then be added to your PATH environment variable by modifying the

profile files located at:

/Users/xxx/.profile
/Users/xxx/.zprofile

とでていて2つとも

export PATH="$HOME/.cargo/bin:$PATH"

と書かれていた。

個人的には.zshrcで完結させたいため写す。

他は消す。


.zshrc

# Rust # Alacritty

export PATH="$HOME/.cargo/bin:$PATH"


Alacritty install

git clone https://github.com/jwilm/alacritty.git

cd alacritty
# build
make app
cp -r target/release/osx/Alacritty.app /Applications/

install 完了


alacritty設定file

$XDG_CONFIG_HOME/alacritty/alacritty.yml

$XDG_CONFIG_HOME/alacritty.yml

$HOME/.config/alacritty/alacritty.yml

$HOME/.alacritty.yml

alacritty起動時にどこかに作られている

.config/alacritty/alacritty.ymlにあった。

日本語入力できるようになってる(2018/10/31)

ただ入力中に表示されないのでまだ完璧ではない

なんか右移動だけ明らかに早くなったw

上下左は体感変わらなかった。


カスタマイズ

~/.config/alacritty/alacritty.yml編集


font

font:

# Normal (roman) font face
normal:
# family: Menlo
family: Monaco
# The `style` can be specified to pick a specific face.
#style: Regular

# Italic font face
bold:
# family: Menlo
family: Monaco
# The `style` can be specified to pick a specific face.
#style: Bold

# Italic font face
italic:
# family: Menlo
family: Monaco
# The `style` can be specified to pick a specific face.
#style: Italic


theme

Color schemes · jwilm/alacritty Wiki · GitHub

copyして置き換え


size

window:

# Window dimensions (changes require restart)
#
# Specified in number of columns/lines, not pixels.
# If both are `0`, this setting is ignored.
dimensions:
columns: 200
lines: 48


opacity

background_opacity: 0.7

# vimは透過されないのでしたければVIMRCに下記追記
# colorscheme xxx より後に書くこと

highlight Normal ctermbg=NONE guibg=NONE
highlight NonText ctermbg=NONE guibg=NONE
highlight SpecialKey ctermbg=NONE guibg=NONE
highlight EndOfBuffer ctermbg=NONE guibg=NONE # 個人的にここはNONEだと目立つのでグレーにしときたい


vim画面でscrollさせたくない

faux_multiplier: 0


デュアルディスプレイの際に、起動するときポインタが当たってるディスプレイでしっかりと表示されているが、別ディスプレイに移動させるとfontの大きさが調整されてしまう。設定でなんとかできるのであれば教えてください。

またAlacrittyの今後に注目します。


追記

限界突破設定してなかったのでさらに早くなりました。満足。easymotion使わなくなりそう、、

defaults write -g InitialKeyRepeat -int 12 # normal minimum is 15 (225 ms)

defaults write -g KeyRepeat -int 1 # normal minimum is 2 (30 ms)