Help us understand the problem. What is going on with this article?

ThingWorxのCollectionの使い方

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

PTCが提供しているThingWorxアプリケーション開発のCollection Widgetを紹介します。
Collection Widgetは、 Mashup Parametersを使用して、ベースMashupを複数回複製し、Infotableのデータの行に関連付けます。
このガイドの手順に従って、CollectionのベースMashupの動的作成に役立てれば幸いです。

前提と準備

環境と準備については、基本作成の記事を参考してください。

ステップ1:データモデルを作成する

コレクションウィジェットはサービスを使用してビジュアルコンテンツを動的に定義します。
コレクションウィジェットがアクセスできるようにするには、データは表形式(Datatable、Infotable、外部データベース接続など)である必要があります。
このステップでは、テーブルの列を定義するためのDatashapeを作成します。

  1. ThingWorx Composerの[Browse]タブでは、 モデリング>データシェイプ 、+ [ 新規 ] をクリックします。
  2. 「 名前 」フィールドに「 CollectionDS 」と入力し、上部の「 フィールド定義」をクリックします。 3.[ +追加]をクリックして、index(String)とCollectionHeight(Integer)のFieldを追加します。
  3. 上部にある[ 保存 ]をクリックします 。 CollectionDS.PNG

ステップ2:コントローラーを作成する

コレクションウィジェットが表形式(Datatable、Infotable、外部データベース接続など)のデータを表示するためにはデータをセットある必要があります。
このステップでは、Datashapeにデータを格納するサービスを作成します。

  1. ThingWorx Composerの[Browse]タブでは、 モデリング>Thing 、+ [ 新規 ] をクリックします。
  2. 「 名前 」フィールドに「 UIControl 」、Base Thing TemplateにGeneric Thingを選択し、上部の「 サービス 」をクリックします。
  3. [ +追加 ]をクリックして、Nameに「 QueryCollectionList 」と入力し、OutputをINFOTABLE、Datashapeを「 CollectionDS 」と選択します。
  4. 「 CollectionHeight(Integer) 」のデータを格納し、「 CollectionDS 」を渡すスクリプトを作成します。
  5. 上部にある[ 保存 ]をクリックします 。 uicontrol.PNG

ステップ3:マッシュアップを作成する

データを表示するためにMashupを作成して構成する必要があります。
Collection Widgetを使用するMashupと、コレクションのMashup Parametersに指定する、ベースMashup(Image Widgetを含む)を作成します。

Collection Widget用のMashup作成

  1. ThingWorx Composerの[Browse]タブで、 VISUALIZATION>マッシュアップ 、+ [ 新規 ] をクリックします。
  2. レイアウトオプションからResponsiveを選択し、OKをクリックします。
  3. 「 名前」フィールドに「 CollectionMash 」と入力し、保存する。 collectionmash.PNG

Collection Widgetのベース用のMashup作成

  1. 1~3の手順で「 CollectionSubMash 」を作成する。
  2. Panelウィジェットを中央のCanvas領域にドラッグアンドドロップします。
  3. ImageウィジェットをPanelの上にドラッグアンドドロップし、画像ファイル、座標と幅を指定します。
  4. 上部にある[ 保存 ]をクリックします 。 collectionsub.PNG

ステップ4:コレクションウィジェットを使用する

Infotableプロパティ ( Datashapeによって定義された列)に格納されたデータを、Collection Widgetを作成して、マッシュアップにすべてのデータ行に表示します 。
コレクションウィジェットのCellHeightFieldに設定された高さに従って、コレクションの各データ行の縦幅が動的に変更されます。

コレクションウィジェット作成

  1. Layoutウィジェットを中央のCanvas領域にドラッグアンドドロップし、Verticalと1Rowを選択して作成します。
  2. Collectionウィジェットを中央のCanvas領域にドラッグアンドドロップします。 CollectionSet.PNG

コレクション用のデータ追加

ステップ2で作成したサービスから起動時読み込まれるようにMashup Loadedをチェックし、データの方に追加します。
Service.PNG

コレクション用のデータ設定

Collectionウィジェットとデータの関連付け、Mashup、All Data、UIDField、CellHeightFieldを設定します。
CollectionSet2.PNG

コレクションウィジェット表示

上部にある[ 保存 ]をクリックした後、[ ViewMashup ]をタップします。コレクションの高さが設定の通り表示されます。
result.PNG

終わりに

ありがとうございます! Collection UIについて、以下の方法を学びました。

  • データを表示するためのベースマッシュアップを作成する
  • データを格納するためのサービスを作成する
  • 複数行のデータを表示するコレクションウィジェットを含める
  • コレクションウィジェットのHeightを動的に表示する

Collection UIのデザインと基本的な使い方については下記のその他リソースをご参考下さい。

その他リソース

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした