GCPのアーキテクチャ作図は公式のフォーマットを使うのが一番良さげ


はじめに

GCP関連の記事や設計書を書く上で欠かせないのがGCPのコンポーネントのアイコンやアーキテクチャ図

たいした内容じゃないけど、備忘として記事化しておく。

ちょっと調べたら分かることだけど、GoogleはGCPや関連技術を説明するためのコンポーネントアイコンだけでなく資料を一から説明しないでも済むようにPowerPointやGoogleSlideを豊富に公式サイトで紹介してくれている

http://cloud.google.com/icons/

スクリーンショット 2019-04-14 7.46.35.png

しかも中身を色々と探ってみると、単にGCP関連のアイコンだけでなく色々な分野の技術を説明する上でユーザーが一から資料を作らなくても済むように様々なフォーマットを用意してくれている

勿論、公式が展開しているだけあってこれらのアイコンは資料やアーキテクチャ図を作成する際に許可なく利用可能である


Googleスライドのコンテンツ

PowerPointはボタンをクリックすると資料がダウンロードされてそのまま使えるのは良いものの、他のメンバーと共有しながら作業するにはやや使いずらいのでGoogleスライドをベースにコンテンツの内容を紹介したい

Googleスライドの公式フォーマット リンク


アイコン一覧

はじめにGCPが展開しているサービスのアイコンを一気にまとめているページがあり、必要に応じてここから自分が用いるサービスをコピってきてアーキテクチャ図を作成できる

スクリーンショット 2019-04-14 8.11.51.png


ダイヤグラム一覧

GCPに関連するサービスアイコンだけでなくそれらの繋がりや構成を示すためのダイヤグラムもかなり豊富に用意してくれている

スクリーンショット 2019-04-14 8.16.39.png

これでヘッダーやフッターなどに悩む必要なし


マテリアルアイコン

GCPに関わらず社会全般のアイコンを取ってきたい場合は、ここから取得するようにレコメンドされている

material.io

大抵のイメージアイコンならこのサイトで事足りる気がする


ダイヤグラム例(General)

ここからがとてもありがたいコンテンツなのだが、いくつかの代表的なアーキテクチャパターンをすでにフォーマットとして作図してくれているので、基本はこれらをちょこちょこカスタムするだけで作図がすぐにできるようにしてくれている

スクリーンショット 2019-04-14 8.26.13.png


ダイヤグラム例(業界別)

さらに踏み込んで業界別に使いそうなコンポーネントをまとめてアーキテクチャ図をすでに複数パターン用意してくれている

用意されているパターンの一部を紹介すると


  • ゲームアプリのバックエンド

  • 映像コンテンツのリアルタイム配信

  • リアルタイムビッディング

  • センサー情報の収集機能

  • 時系列分析

  • 不正検知

などなど、これ以外にも非常に多くのパターンがすでに用意されている

スクリーンショット 2019-04-14 8.29.54.png


Draw.ioで作図

作図するだけならPowerpointやGoogleSlideでやらずにDraw.ioでやった方が効率が良いと思われる

Draw.ioにGCP関連のコンポーネントがプリセットされているので、これらを使って実際にアーキテクチャ図

を作成することができる

フォーマットサンプル

スクリーンショット 2019-04-14 7.59.24.png

こんな感じのアーキテクチャ図を10分ほどで簡単に作成できる

CacooやLucidChart(GCPNext19にも出展してた)でも同じようなことができるが、Draw.ioが登録なども不要で一番取っつきやすい感あり

おしまい