Help us understand the problem. What is going on with this article?

CLIからBetaでのAPK配布を行う際の設定まとめ

More than 3 years have passed since last update.

概要

Fabric BetaのGraldeプラグインでAPKを配布する際に指定できる設定のメモです。

Betaの利用開始

Betaを使用するためにはFabricのCrashlytics Kitが必要になります。以下を参考に設定してください。

また、Android Studio / IntelliJ 向けのFabricプラグインも用意されているのでこちらを使用することもできます。

Betaの設定の追加方法

以下のように配布したいBuildTypeやFlavorにプロパティを追加すればOKです。

android {
    buildTypes {
        release {
            ext.betaDistributionReleaseNotes="Release Notes for this build."
        }
    }
}

実際に配布するには以下のコマンドを実行します。

./gradlew assembleRelease crashlyticsUploadDistributionRelease

各種設定

Release Notes

配信されたAPK毎に表示されるRelease Notesの内容を設定できます。

ext.betaDistributionReleaseNotes="Release Notes for this build."

以下のように予め用意したテキストファイルの指定が可能です。

ext.betaDistributionReleaseNotesFilePath="path/to/release_notes.txt"

Testers

APKを配布するテスターをメールアドレスで指定できます。複数指定する場合カンマで区切ります。

ext.betaDistributionEmails="BetaUser@yourcompany.com, BetaUser2@yourcompany.com"

また、以下のようにメールアドレスをまとめたテキストファイルの指定が可能です。

ext.betaDistributionEmailsFilePath="beta_distribution_emails.txt"

Groups

APKの配布先をグループで指定します。複数のグループを指定する場合カンマで区切ります。

ext.betaDistributionGroupAliases="my-best-testers"

テキストファイルにまとめて指定する場合以下のようします。

ext.betaDistributionGroupAliasesFilePath="group_aliases.txt"

Email Notifications

メールでのAPK配布通知をdisableにしたい場合以下のように指定します。

ext.betaDistributionNotifications=false

コマンド実行時にBetaの設定を変更

Betaの各種設定をコマンド実行時に変更できると便利です。gradleコマンドを実行時に-Pオプションを使うことでプロジェクトプロパティを指定できます。

./gradlew assembleRelease -PreleaseNotes="Hello World!" crashlyticsUploadDistributionRelease

この様に指定したプロパティはbuild.gradleから参照可能です。

android {
    buildTypes {
        release {
            ext.betaDistributionReleaseNotes = releaseNotes
        }
    }
}

これでコマンド実行時に任意のリリースノートを指定できました。releaseNotesにデフォルト値を指定しておきたい場合、gradle.propertiesに予め定義しておきます。

gradle.properties
releaseNotes = "Default Release Notes"

Gradleには、他にも環境変数やシステムプロパティなどの方法でビルドにプロパティ値を渡すことができます。詳細はこちらをご覧ください。

参考

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away