Help us understand the problem. What is going on with this article?

CI/CDの基本

More than 1 year has passed since last update.

CI/CDという言葉も色々なところで耳にするが、バズワードになっているのではないだろうかという気もしています。
とっかかりの方を対象に、なるべく簡単にまとめたいと思います。
また、AWSにはCI/CDを実現するための複数のサービスがリリースされていますが、それぞれどのような役割を担っているのか、合わせて整理したいと思います。

インターネット上に同じようなサイトはありますが、一応。

CI/CDの種類

そもそも、CI/CDは、開発からデプロイまでにおける一連のプロセスに関する、自動化についての設計種別になります。
継続的デプロイとかの言葉を耳にされたことがあるかもですが、以下の3種の総称になります。
- Continuous Integration
- Continuous Delivery
- Continuous Deployment
(なので、厳密に言えば、CI/CD/CDや、CI/CDsって表記してもいいようにも思います)

下に行くほどカバーする自動化フェーズが広くなります。
図で表すと以下のようになります。

CI_CD.png

個人的には、Continuous DeliveryからContinuous Deploymentの心理的ハードルが高い気がします。

CI/CDのツール

CI/CDは上記のようにプロセスのため、ツールは必須ではないですが、現実的にツールを使わないと辛いと思います。
Travics CI、Circle CIやJenkins、GitLabいろいろあり、それぞれに特徴がありますので、要件から選んでもらえれば。

機会があれば、別の投稿にてツールの紹介もしたいと思います。

Hiroyama-Yutaka
組み込み開発エンジニアを経てクラウドインテグレーターに。 現在はAWSやGCPの技術サポートや運用改善ツールの開発、セキュリティを担当。 AWS8冠、GCP5冠、Azure1冠。
cloudpack
Amazon Web Services (AWS) の導入設計、環境構築、運用・保守をサポートするマネジドホスティングサービス
https://cloudpack.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away