Help us understand the problem. What is going on with this article?

お名前.comとAWS Route53を使ってS3で静的なページを公開する方法

More than 3 years have passed since last update.

表題の組み合わせで、まとめて解説しているページがなかったのでメモしておきます。

お名前.comでドメインを取得する

http://www.onamae.com/

静的なページ一式をS3のバケットにアップロードする

S3のコンソールにアクセス

https://console.aws.amazon.com/s3

「バケットを作成」

バケット名:(お名前.comで作成したドメイン)
リージョン:Tokyo

指定したドメインのバケットにアクセス

「アクション」→「アップロード」
ファイルをごっそりアップロードする

「プロパティ」

「アクセス許可」→「バケットポリシーの追加」

{
  "Version":"2012-10-17",
  "Statement":[{
    "Sid":"AddPerm",
        "Effect":"Allow",
      "Principal": "*",
      "Action":["s3:GetObject"],
      "Resource":["arn:aws:s3:::(バケット名)/*"]
  }]
}

→「保存」

「静的ウェブサイトホスティング」→「ウェブサイトのホスティングを有効にする」にチェック
インデックスドキュメント: index.html
エラードキュメント: 404.html
→「保存」

Route53の設定

コンソールにアクセス

https://console.aws.amazon.com/route53/

「Hosted zones」

お名前.comで作成したドメインを選択

「Create Record Set」

Name: (空 ※バケット名にwww.などサブドメインを指定している場合はそれを記入)
Type: A - IPv4 address
Alias: Yes
Alias Target: バケット名を選択
→「Create」

Type「NS」レコードに記載されているDNS情報を取得

あとでお名前.com側で設定するのでテキストを記録する

お名前.comでドメインにDNSの設定

「ドメイン設定」→「ネームサーバーの設定」→「ネームサーバーの変更」

冒頭で取得したドメインを選択→「他のネームサーバーを利用」
先ほど記録したRoute53のNSレコードにあるサーバーを上から順に設定する。
→「確認する」→「設定する」

しばらく待つとアクセスできるようになります。

参考ページ

画像付きの説明とかあります

AWS S3,Route53で独自ドメインの静的サイトを公開する

お名前.com で取ったドメインを Amazon Route53で管理し、サブドメインをはてなブログに割り当てるまで

こちらもセットで(www.example.comからexample.comにリダイレクトさせたい)
S3でリダイレクト

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away