Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
Help us understand the problem. What is going on with this article?

PowerShellでwhichコマンド

More than 5 years have passed since last update.

最近Windowsを触る割合が減ったのでよく忘れる。。

UNIXのwhichコマンドのように、コマンドレットの詳細を調べるのはGet-Command(エイリアス: gcm)である。しかしそのままでは表示がわかりにくい。。

> gcm notepad

CommandType     Name                                               ModuleName
-----------     ----                                               ----------
Application     notepad.exe

notepad.exeが、どのパスに存在しているのかが知りたいからコマンドを調べてるのに!!肝心の情報が表示されていない。

Format-List(エイリアス: fl)をかませると、いい感じの表示になる。

> gcm notepad | fl


Name            : notepad.exe
CommandType     : Application
Definition      : C:\Windows\System32\notepad.exe
Extension       : .exe
Path            : C:\Windows\System32\notepad.exe
FileVersionInfo : File:             C:\Windows\System32\notepad.exe
                  InternalName:     Notepad
                  OriginalFilename: NOTEPAD.EXE.MUI
                  FileVersion:      6.3.9600.16384 (winblue_rtm.130821-1623)
                  FileDescription:  メモ帳
                  Product:          Microsoft® Windows® Operating System
                  ProductVersion:   6.3.9600.16384
                  Debug:            False
                  Patched:          False
                  PreRelease:       False
                  PrivateBuild:     False
                  SpecialBuild:     False
                  Language:         日本語 (日本)

もしくは

> (gcm notepad).Definition

でもファイルパスが得られる。でも長くて覚えられないので、Format-Listを使うことにする。

Hiraku
PHP, Go界隈をうろうろしています。最近はgRPCと戦ってる。 特に明示していなければ、記事中のソースコード片は `CC-0 1.0` とします。出典表示無しで自由にコピペして頂いて構いません。 ただ、記事自体をコピペされるのは嫌なので、ソースコード部分以外の文章は通常通り全ての著作権を私が保持するものとします。 引用を超える範囲のコピペは止めて下さい。
http://blog.tojiru.net/
mercari
フリマアプリ「メルカリ」を、グローバルで開発しています。
https://tech.mercari.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away