Help us understand the problem. What is going on with this article?

Service Bus(トピック)への書き込み処理

全然参考となる資料が見つからなくて苦戦。。
結局公式ドキュメントにあったんだけどこれを見つけるのに時間がかかった。

解決していない事柄

Functionsから受け取った情報をSerivce Busに書き込むこと
Service Busの接続文字列をキーコンテナから取得すること

解決までの流れ

1.Service Busのデプロイ(Service Busの名前空間)
2.Service Busのトピック作成
⇒Service Bus 名前空間の共有アクセスポリシー(RootManageSharedAccessKey)からプライマリ接続文字列は入手可能

3.チュートリアルのprivatemessagesenderをコピペで関数アプリ(Functions)を作成するも動かず。

4.Service Bus キューの使用を発見し、Visual Stadio 2019(以降VSと表記)を導入して、無事解決。
(Visual Stadio 2019導入は割愛)

4-1.プロジェクトを作成し、パッケージの追加を実施

Service Bus NuGet パッケージの追加
新しく作成したプロジェクトを右クリックし、 [NuGet パッケージの管理] を選択します。
[参照] を選択します。 [Microsoft.Azure.ServiceBus] を検索して選択します。
[インストール] を選択し、インストールが完了したら、NuGet パッケージ マネージャーを閉じます。

4-2.サンプルコードをコピペ※以下の箇所だけ作成したServiceBusに合わせて更新

Program.cs
const string ServiceBusConnectionString = "Endpoint=sb://***********.servicebus.windows.net/;SharedAccessKeyName=RootManageSharedAccessKey;SharedAccessKey=***********";
const string QueueName = "samplequeue";

4-3.VS上で実行 ⇒ Service Bus キューの概要からアクティブなメッセージ数が増えていることを確認
image.png

4-4.プロジェクトを選択し、右クリック>発行
AppServicePlanなどが自動で作成されるのでしばらく待つ。
再度発行ボタンを押すと、Azure 側へデプロイされる。

image.png

4-5.Azureへのデプロイが完了したら、該当リソース(App Service)のWebジョブをクリック
4-6.ジョブを選択して、実行を押下 ⇒ Service Bus キューの概要からアクティブなメッセージ数が増えていることを確認
image.png

4-7.あれ、、増えてない。。ジョブがアベンドしている?!

4-8.ソースコード見てみると、Enter待ちになってる箇所あり。コメントアウトして、再度デプロイ

Program.cs
// Console.ReadKey();

4-9.Azureへのデプロイが完了したら、該当リソース(App Service)のWebジョブをクリック
4-10.ジョブを選択して、実行を押下 ⇒ Service Bus キューの概要からアクティブなメッセージ数が増えていることを確認

終了!

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした