CentOS
vmware
install
centos7
VMware_ESXi

CentOS 7.4 インストール(on vmware esxi 6.0u2)


■初めに

CentOS 7.4のインストールについて記載します。

なお、一部はvmware esxi仮想マシン向けの記載となっています。


所要時間:

インストーラダウンロード 4時間

CentOSインストール作業 45分



■isoファイル(インストーラ)

[公式]Download CentOS

http://vault.centos.org/7.4.1708/isos/x86_64/

↑「Older Versions」から下った先のURL


■ハードウェア要件

CPUおよびMemory:x86_64,1core/1GM Memory以上

Disk:最小10GB,推奨20GB

[公式]Red Hat Enterprise Linux technology capabilities and limits


■今回のマシン構成

CPU 1core、Memory 2GB、Disk 20GB


vmwere esxi 6.0u2 の仮想マシンとして作成。

VMware ESXi 6.0 u2で新規仮想マシンを作成する(Nested構成)



■インストール手順フロー

手順1.isoイメージのダウンロード

手順2.OSイメージのマウント

手順3.OSの起動およびisoブート

手順4.言語設定

手順5.地域設定

 5.1.日付と時刻

 5.2.キーボード

 5.3.言語サポート

手順6.ソフトウェア設定

 6.1.インストールソース

 6.2.ソフトウェアの選択

手順7.システム設定

 7.1.インストール先

 7.2.KDUMP

 7.3.ネットワークとホスト名

 7.4.SECURITY POLICY

手順8.インストールの開始

手順9.ユーザ設定

 9.1.ROOTパスワード

 9.2.ユーザーの作成

手順10.再起動

手順11.初回ログイン


■手順1.isoイメージのダウンロード

インストールメディアとなるisoファイルをダウンロードします。

※場合によってはダウンロードに数時間かかります。


[公式]Download CentOS

http://vault.centos.org/7.4.1708/isos/x86_64/

※古くなっていたらすみません。



■手順2.OSイメージのマウント

※本手順はvmware esxiにて仮想マシンにマウントする手順となります。

①ダウンロードした.isoファイルをesxiのdatastoreにアップロードします。

②作成済みの仮想マシンにて、プロパティから「ハードウェア」-「CD/DVDドライブ」―「デバイスタイプ」―「データストアISOファイル」を選択し、①にてアップロードしたISOファイルを参照する。

※その後、必ず「デバイスのステータス」の「パワーオン時に接続」をチェックしておくこと。

image.png


詳細は以下を参照。

VMware ESXi 6.0 u2で新規仮想マシンを作成する(Nested構成)

VMware ESXi 6.0 u2でデータストアにファイルを配置する(Nested構成)

ESXiにISOファイルの場所を登録したのにOSをインストールできない



■手順3.OSの起動およびisoブート

①マシンの電源を起動します。

②CentOSのインストール画面が表示されるので、enterキーを押すか、約1分放置します。

image.png


■手順4.言語設定

言語設定が表示されます。デフォルトは「English」になるので、「日本語」を選択します。

・デフォルト

image.png

・選択後

image.png


■手順5.地域設定

「インストールの概要」画面が表示されるので、上部の「地域設定」から設定していきます。

image.png


■手順5.1.日付と時刻

日付と時刻の設定です。言語設定にて日本語を選択した場合は、特に変更不要です(デフォルトのまま)。

image.png


■手順5.2.キーボード

キーボード規格の設定です。言語設定が日本語だからか、あるいはキーボードが日本語配列だからか、変更不要でした(デフォルトのまま)。

image.png


■手順5.3.言語サポート

言語サポートです。言語設定を日本語としたため、日本語のみ選ばれています。設定変更なし(デフォルトのまま)。

image.png


■手順6.ソフトウェア設定

続いて、ソフトウェアの設定です。

image.png


■手順6.1.インストールソース

インストールソースを選択します。今回はCD/DVDドライブのisoを利用し、自動検出されているため、変更不要です(デフォルトのまま)。

image.png


■手順6.2.ソフトウェアの選択

OSを選択します。今回は「インフラストラクチャサーバー」を選択しました。

※デフォルトは「最小限のインストール」となっています。

※「インフラストラクチャサーバー」を選択すると、操作はCUIになります。

※GUIで操作をしたい場合は、「GNOME Desktop」を選択します。

image.png


■手順7.システム設定

システムの設定です。

image.png


■手順7.1.インストール先

OSをインストールするデバイスの設定です。今回はデフォルトのままです。

image.png


■手順7.2.KDUMP

KDUMPについてもデフォルトで有効になっているため、デフォルトのまま変更なしです。

image.png


■手順7.3.ネットワークとホスト名

ネットワークとホスト名です。OSインストール後に設定できるため、今回はデフォルトのままにしておきます。

※デフォルトではイーサネット接続が切断されています。

image.png


■手順7.4.SECURITY POLICY

デフォルトにてセキュリティポリシがonになっているため、設定変更なしです。

image.png


■手順8.インストールの開始

手順4~7が完了したら、「インストールの開始」をクリックします。

image.png


■手順9.ユーザ設定

インストールが進行中ですが、ここでユーザ系の設定になります。

image.png


■手順9.1.ROOTパスワード

rootパスワードを入力します。

image.png


■手順9.2.ユーザーの作成

一般ユーザの作成になります。今回は作成しません(作成しなくてもOSインストールは可能です)。

image.png


■手順10.再起動

インストールが完了すると、「再起動」のボタンが表示されるため、ここをクリックして再起動をします。

image.png


■手順11.初回ログイン

再起動完了後、OSが起動します。最初はOSのselect画面が表示されますが、上部を選択してenterするか、5秒放置するとログイン画面に遷移します。

image.png

ログイン画面にて、rootユーザでログインすれば、初回ログイン完了です。

image.png


■参考/出典

Download CentOS

https://www.centos.org/download/

http://vault.centos.org/7.4.1708/isos/x86_64/

Red Hat Enterprise Linux technology capabilities and limits

https://access.redhat.com/articles/rhel-limits

CentOS 7 インストール Linuxを始めるにはインストールからがお勧め

https://www.rem-system.com/centos-install/

ちょっと古いCentOSのisoファイルを入手する(CentOS6.4, CentOS6.6)

https://qiita.com/Higemal/items/171088bd5841ab1056c4

VMware ESXi 6.0 u2で新規仮想マシンを作成する(Nested構成)

https://qiita.com/Higemal/items/44f1b5752ff727350ca0

VMware ESXi 6.0 u2でデータストアにファイルを配置する(Nested構成)

https://qiita.com/Higemal/items/1822c5df97211572fd22

ESXiにISOファイルの場所を登録したのにOSをインストールできない

https://qiita.com/Higemal/items/e43d186177c80091a270